スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米潜水艦ソマリアのテロリスト潜伏先にトマホーク攻撃 


潜水艦から発射されるトマホーク巡航ミサイル(写真:米海軍)


 久しぶりの更新・・・ですがネタは特にありません。でも1週間に1回くらいは更新しようと思うので、、どうもういいことを書きます。まずブログのことですが、プラグインのカテゴリーがめちゃくちゃになったのでほぼ全ての記事を一つ一つ自分でやり直すはめになりました('A`)マンドクセ しょっちゅうバグが出るFC2ですが、どうやらこのブログの106鯖は特に最悪っぽいです。2ちゃん情報だと、ハム速が容量食っているせいらしいです。
 もっとどうでもいいことですが、ニューズ・ウィークの3月19日号を読んだのですが、今BL男同士の友情ものが人気らしいです。僕も漢と書いて「おとこ」と読むような友情は好きです。けれど○女子はそれで満足せず暴走してしまうようです^^; ちなみに真面目なネタとしては、ロシアの隣国に対する強引な態度は、大国の威信を取り戻したいからだろうが、むしろ敵を作るだけでマイナスだという記事に賛同。ソフトパワーという言葉が一番必要なのはロシアかもしれません。ロシアにガチでやり合おうとする国なんてないのだから愛想良くすればいいのにと思うのは僕だけでしょうか?TV版ではなく映画版のジャイアンになればいいのに(笑)

 次にウォルツの『人、国家、戦争』ですが、「人(ファースト・イメージ)」の章の章を読み終わりました(遅!)。いえ、語弊がありますね。ぶっちゃけ文字を追っただけで内容はほとんど頭に入っていません。僕の英語力がないことも大きいですが、想像していた話と全然違ってあんまり興味を持てなかったことも理由です。戦争の原因を指導者(意思決定過程の人間)、国内情勢(体制)、国際情勢(システム)から分析するのかなと思っていたので、この章は国家行動における指導者の影響力の話だと思っていたのですが、実際は人間の本質がどうとかスピノザがこう言ったとか哲学的な話が書かれていました。相互理解が平和に繋がるとか中学の平和教育みたいなことも書かれていましたが、知れば知るほど嫌いになることもあるよねってツッコミもあってちょっと( ´∀`)ワロタ でも哲学には全く興味がないのであまり面白くなかったです( -_-)

 最後に最近のニュースについてですが、若干気になったのはアメリカが潜水艦からソマリアにいるアルカイダの工作員と思われる標的を攻撃したことくらいでしょうか。テロリスト1人にトマホークをぶっ放すのかとちょっと驚きましたソース。しかも失敗したらしいですソース

Attacks against individual militants may frighten and anger ordinary Somalis, say some analysts, leading to something of a backlash against the US. Meanwhile, the US government in the area might be focusing on antiterrorism policy at the expense of nation-building efforts.


The US has long kept its eye on Somalia as a possible haven for Al Qaeda, according to an International Crisis Group study of counterterrorism in the area. As early as 1998, when the Clinton administration fired cruise missiles at terrorist training camps in Afghanistan, US officials were concerned that Osama bin Laden might turn to Somalia as his next place of refuge, says the ICG study.
This week's missile strike in Somalia was far from a first for the US. It carried out similar attacks at least three times last year.

Though those strikes were not all successful, the general antiterror effort in Somalia is going well, according to US intelligence.
引用元:Chaotic Somalia keeps U.S. on terrorism watch(csmonitor 2008/02/03)

 このような攻撃は今回で4回目で全て失敗しているらしいです。アナリストはこのような攻撃はソマリアの一般人を怯えさせ怒らせアメリカに対する反発を生むと言う。アメリカは対テロのためにソマリアの国家建設を犠牲にしているのかもしれないとのこと。アメリカはブラックホークダウンの件でソマリアからは手を引いたのかと思っていたのですが、完全に関わりを絶ったというわけでもなかったようですね。アメリカはソマリアをアルカイダの避難所としてずっと監視してきており、オサマ・ビンラディンの潜伏先になる可能性も考えていたらしいです。

好きな映画&曲

[ 2008/03/12 17:03 ] アメリカ | TB(0) | CM(6)

イエ~イ!
乗組員諸君、艦長である。

攻撃の成功を祝して上陸の際に私が乗組員全員にビールをおごる事を提案する。



それなのに日本はどうだ。
石場大臣を責め立てて「速記止めて下さい。」だよ・・・。

こんなので本当に大丈夫・・・じゃあないな。
[ 2008/03/13 18:16 ] [ 編集 ]

アメリカの関与?

お初にお目にかかります,blog検索でやってまいりました。
ソマリアへの米国の関与,ということですが,ただ今読みました記事にその種の記述がありましたのでご紹介をと思いました:
Puntland Security Minister resigns: Sources
http://www.garoweonline.com/artman2/publish/Somalia_27/Somalia_Puntland_Security_Minister_resigns_Sources.shtml
>Mr. Diana reportedly told Ministry of Security officials that PIS comes under the direct authority of the American government, with sources linking his comment to CIA funding for the PIS
 …一体アナタは何処の国の機関を率いているのかと。
[ 2008/03/13 20:23 ] [ 編集 ]

私なんかは下世話にテロリスト一人クビリ殺すのに一発約一千万するトマホークを使うのは費用対効果的に如何なのか?と思っちゃう訳ですが(笑)
まあ、ソマリアやテヘランの大使館の事を考えると、一個小隊の特殊部隊の活動経費を考えると安いんでしょうね
ミサイル攻撃なら米軍に人的損害は出ないでしょうし
後は野次馬的ですが、最近原潜を改修してSEALSの部隊を乗艦させ、母艦として運営する部隊の活躍を見たいと思いますが…
[ 2008/03/14 23:02 ] [ 編集 ]

>>ケンプファーさん
でも神の盾があの体たらくでは・・・
宝の持ち腐れと言われても仕方がない

兵器の性能の差が戦力の決定的な差ではないということですな

>>teiresiasさん
はじまして

>Mr. Diana reportedly told Ministry of Security officials that PIS comes under the direct authority of the American government, with sources linking his comment to CIA funding for the PIS

ワロタwwwぶっちゃけ過ぎだろwww

teiresiasさんのブログを拝見させてもらいましたが、ソマリアに特に関心をお持ちなのですか?

>>蒼き鷹サルレム
>費用対効果的に如何なのか?
任務の詳細が分からないので何とも言えませんが、自分もそう思いますね^^;

>原潜を改修してSEALSの部隊を乗艦させ、母艦として運営
ASDSのことですね 自分も興味があります
http://en.wikipedia.org/wiki/Advanced_SEAL_Delivery_System
[ 2008/03/15 15:02 ] [ 編集 ]

>ワロタwwwぶっちゃけ過ぎだろwww

 ええホントぶっちゃけ過ぎ。私の眉間のコリが
ひどくなる。何を考えて生きているのか,発言主は。

>teiresiasさんのブログを拝見させてもらいましたが、ソマリアに特に関心をお持ちなのですか?

 エチオピアのソマリア進攻(+イスラム法廷の
自爆的崩壊)以来,BBCと現地メディアの英語報道
を見る程度ですがアフリカの角情勢ヲッチしており
ます。
 ソマリランド独立問題や氏族間のあれこれ,旧宗
主国の関与や地域強国の安全問題関与。石油開発。
一通り興味深い論点が揃っている感がステキです。

 あとは,そう,失敗国家の代名詞扱いしかされない
国の実際の日々の努力,頑張ってニュースを発信して
るメディア関係者の努力を,かって上げたいなと思い,
日々ちょい訳紹介をしている次第です。
[ 2008/03/16 00:05 ] [ 編集 ]

なるほど
頑張ってください
[ 2008/03/16 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/97-36fdf138







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。