スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東方は赤く燃えている 


2008年2月12日、NATO加盟反対のメッセージが書かれた風船が浮かべられたウクライナ議会
(写真:Reuters Pictures)


 今ウクライナはNATOに加盟するかどうかで揉めており、ロシアとも緊張が高まっている。ユーシェンコ大統領が「加盟しても国内にNATOの基地を置くことを防ぐ法律を可決しようとしている」と語った一方、最後の定例会見で記者の質問に対してプーチンは「ウクライナがNATOの基地を置くなら同国に再びミサイルを向けざるを得ない」と答えた

Ukraine is ready to adopt laws to prevent NATO military bases from being deployed on its territory in the event of the country joining the military alliance, Ukraine's president said on Wednesday.

引用元: Ukraine ready to adopt laws against NATO base deployment-2(RIA Novosti 2008/02/13)

In his last annual meeting with over 1,300 journalists Putin answered 100 questions from 78 reporters. He said:(中略)- Russia could be forced to retarget its missiles on Ukraine if NATO bases are deployed in the country

引用元: Main points of Putin's last annual news conference(RIA Novosti 2008/02/14)



2008年2月5日、NATO加盟を巡って親ロシア派議員と親欧米派議員が取っ組み合いをする
ウクライナ議会(写真:Getty Images)


 日本の国会での野次や乱闘シーンを見て情けないなと思った人は多いと思うけど、安心してください。どこの国でもやってるみたいだから(笑)

 ところで、休みに入る前に借りておいた土山實男『安全保障の国際政治学―焦りと傲り』がテラオモシロス。心理学的な分析(意思決定の心理学的アプローチ)を食わず嫌いしていたことを反省。んで、その本のセキュリティ・ジレンマの章に、ちょうど今回の記事に関係することも書かれている。

 NATO拡大問題の中でも特に懸念されてきたのがロシアとウクライナとの関係で、ウクライナはその戦略上の重さから見てロシアに不安を与えるに十分であるとのこと。ジョージ・ケナンもNATOの東方拡大は冷戦後の米外交政策中最大の失策だと非難していたらしい。

*セキュリティ・ジレンマ=自国の安全強化は他国(特にライバル国)の不安を招くので、他国もその不安にゆえに安全を強化することになり、結局両国の関係が不安定になってしまうこと。
[ 2008/02/15 19:07 ] ロシア・中国 | TB(1) | CM(6)

風船……その発想はなかったw でも昔、風船爆弾ってあったような……

まあ、ロシアが過激な反応をするのは仕方ないと自分は思いますよ。
「ロシア人は国境が少しでも遠くにあることに安心感を感じる」「彼らにとって侵略は国境を遠くするための行為であり、彼ら自身の感覚からすればこれは防衛に近い」という話を小耳に挟みました(……出典を忘れてしまったことは非常に申し訳ないorz)。
これが100%本当だとは思いませんが、いずれにせよ、NATOやウクライナはもう少しロシア側の危機感に配慮し、譲歩してもいいんじゃないかというのが自分の意見です。
資源を武器にした主権侵害をはねつけたり、そのためにNATOが介入するのは大いに結構だとは思います。
ただ、セキュリティ・ジレンマを解消するには、話し合いが重要です。 交渉の席につくにあたって、ウクライナの後ろにNATOが立つことが必要だというのは分かりますけど、加盟はやりすぎではなかろうか……。ロシアからすれば話し合いどころじゃなくなってしまうような。

ところで……ウクライナは東西に分裂するんじゃないかと妄想したことって、ヴォルフ少佐殿はないですか? 半分は冗談ですが半分は本気です。
ウクライナ国内も親欧派一色ではなく親露派も少なくないらしいですし。 今は親欧派に有力指導者がいてそちらが主導権を握っているようですが、将来的には東西分裂もありうるんじゃないかと。
[ 2008/02/16 00:16 ] [ 編集 ]

バルトを取られた今、ロシアがウクライナ、ベラルーシをつなぎ止めようとするのは当然でしょう。
前線が一気にロシア国境まで移動することになります。
また、ウクライナはロシアのパイプラインの中でもスロバキア・チェコ経由でドイツへ向かう「友好1」、ブルガリア・ギリシャに向かう「友好2」各ルートの要です。
だからこそアメリカが後押ししてオレンジ革命を成功させたわけですが、例の上からのクーデターをもたらすことになりました。

また、2012年完成予定のパイプライン「ブルーストリーム2」はハンガリーを軸にEUが巨費を投じたナブッコ・ライン構想を破綻させつつあります。これはEUにとっては我慢ならないでしょう。

一方でロシアはEU分断工作を仕掛けているように思います。ノルド・ストリームで直接繋がるドイツはもちろん、ベルギーがおもしろい。
北海油田からのパイプラインやダイヤモンドといった要素で実績のあるベルギーだけに昨今の情勢変化でロシアに近づくのは当然でしょう。
アフリカからのダイヤの供給が不安定化したベルギーはロシアにすりより、EUへのパイプラインの要になろうとしています。去年にはヴェルホスタット首相がプーチン・メドベーシェフを歴訪していますし、ガスプロム・ルークオイルもベルギー進出に積極的です。
ただし、これらはある種の撹乱かも。
いずれにせよ現実的なラインとしてウクライナの戦略的重要性はあまりにも大きい。
[ 2008/02/16 06:13 ] [ 編集 ]

>>らぷたーさん
僕も最初にこの写真を見た時は笑いましたよ。
議会でデモ活動やっていいのかよとw

>ロシア人は国境が少しでも遠くにあることに安心感を感じる~
僕もそれどこかで見ました。同じく出典を忘れましたがw

>ウクライナは東西に分裂するんじゃないかと妄想したことって、ヴォルフ少佐殿はないですか?
そこまで想像したことはないですね~。でもウクライナの情勢に詳しいわけではないのですが、確かに親欧米派と親露派は結構拮抗しているみたいなので絶対にありえないとは言えないとは思いますが。

↓こんなこともありましたしね。
http://plaza.rakuten.co.jp/obiekt/diary/?act=reswrite&res_wid=200411240315506578&d_date=2004-11-23&d_seq=0&theme_id=19194

>>hideomiさん
ウクライナは軍事的にもエネルギー供給ラインとしてもめちゃくちゃ重要ですね。
それにしてもほんとにパイプライン関係詳しいですねw
よかったら記事書いてみませんか?文章送ってくれたら載せますよ?(笑)
[ 2008/02/17 09:11 ] [ 編集 ]

資源とパイプライン、地中海への隣接海域の黒海、穀倉地帯と食糧自給、コーカサス、カスピ海方面への軍事展開等々、その価値は計り知れないでしょう
自分の土俵、ボードゲームからだと…
Pax Britannica(Victory Games/Hobby Japan輸入代理)というマルチプレイヤーズゲーム(モノポリーのような複数で交渉をしながら進めるゲーム)の名作があるのですが
ビクトリア王朝から第一次世界大戦を扱った植民地争奪ゲームです
国力はゲーム上の評価として軍隊ユニットや商船、マーカーの数などはみんな一緒じゃなくて国毎に数が違います
勿論大英帝国が最も多いですね
で、ロシアですが…
東欧諸国、オスマントルコ、清などは一応列強に独立国と認められているので、イベントで暴動が起きて利権や影響下マーカーが除去されないと手が出せません(同国人保護を口実として出兵する訳ですな)
なおかつ、30戦力を南露に駐留させておかなくてはなりません
結果、ロシアは上記の土地を睨みつつ、アフリカにチョッカイを出すか、アフガニスタンに出兵してイギリスのインド支配にあいくちを立ててフランスやドイツと組みつつ交渉するかなどの戦略があります
なのでウクライナを失うと、東欧、小アジア、コーカサスへの展開が厳しくなるので穏やかではいられないと思います
なお、このゲームは世界大戦が勃発するとゲームエンドで、最初に宣戦布告した国はかなりのペナルティを受けます

友人と話しましたが、ロシアは今でも緩衝域設定を防衛戦略として採用してると思いますか?
まあ、ゲルマン民族の時代からやってる手ではあるのですが(笑)

ウクライナの分裂
は文明の衝突の著者ハンチントン?がそれについて触れてましたね
まあ、大祖国戦争の記述を読むとウクライナ人が独立したがるのも分からないではないですが
[ 2008/02/18 01:07 ] [ 編集 ]

国会で取っ組み合いをするのは日本の民主党だけにしてくれ。

大国に挟まれた国の辛さは想像以上のものだな。


そう言えばまたバルカンが騒がしくなりそうだぞ(ワクワク)。
[ 2008/02/18 13:20 ] [ 編集 ]

>>蒼き鷹サルレムさん
>ロシアは今でも緩衝域設定を防衛戦略として採用してると思いますか?
『年報戦略研究第4号 戦略文化』という本では、らぷたーさんのコメントに書かれていることが理由ですが、現ロシアでもバッファーゾーンとしての勢力圏確保という地政戦略は続いていて、NATO拡大によってNATOの前線とロシアの防衛ラインが接するようになったことにロシアは強い危機感を持っていると書かれていました。僕もそうだと思っています。

>ケンプファーさん
日本は海に囲まれているだけマシですが、陸続きのところは大変みたいですね。

コソボついに独立宣言しましたねw
[ 2008/02/18 19:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/91-f178af17


色々ニュース 騎虎の勢いの人とか

>オバマ 勢いに乗って一気に行くかな それでもヒラリーはニューメキシコで辛くも勝ったようだが、差は僅差 挙げ句、ヒラリー支持の黒人の特...
[2008/02/15 22:44] URL ゲートオブエルツ・アスト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。