スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米エネルギー省、イランの原子炉に援助 


イランのブシェール原子力発電所(写真:Getty Images)


 今回はさらに手抜き更新。質より頻度。ニュースってちょっと探してみるだけで興味の引くものがかなり見つかるもんだね。アメリカでは今大統領選以外に中国のスパイ事件が騒がれているけど、それはいろんな人が取り上げているし、誰も取り上げていない話題を。ちなみに今後二つネタがあるので、たぶん明日また更新する。

 アメリカのエネルギー省が、同国が阻止しようとしているイランの原子炉の重要部分を建設している、2つのロシアの原子力機関に助成金を出している、という記事がIHTにあった。日本語の記事が見つからなかったんだけど、日本の新聞社はどこも取り上げてないのかな?全文の翻訳をしているブログがあったので、詳細はそこを参照汁。記事には「schizophrenic foreign policy(精神分裂症的対外政策)」という言葉が使われているけど、この件も国家が一枚岩ではない一例であり、国家を一人の人間に見立ててその行動を分析する(合理的)意思決定者モデルだけでは駄目っていうことかな?
[ 2008/02/14 20:29 ] アメリカ | TB(0) | CM(6)

日本も早いとこスパイ防止法を制定しようぜ!

そして適当な理由で引っ立てる!
(旧社会党系、日教組、総連関係)


「お金の使い道は計画的に」
[ 2008/02/15 10:45 ] [ 編集 ]

>>全文の翻訳をしているブログ
今日の覚書さんじゃないか!巡回してますよ。
注目すべきニュースを頻繁に掲載してるし。
BLOG主さんが素晴らしい愛国者だしw
[ 2008/02/15 12:44 ] [ 編集 ]

ええと…つまりロシアの原子力施設がイランの原子力施設に技術援助をしてるところがあり、そのロシアの施設にアメリカが援助をする、って事ですよね
うーん、アメリカとしては人的情報源から情報収集したいのでしょうか…
アメリカでは我が国での道路特定財源の使途を追求するような政治的なやりとりなのでしょうか?
アメリカの財務的なものなら日本のマスコミは関心薄いかもですね


>スパイ防止法
私の穿った見方かもですが…
マスコミの嫌う(と思われる)憲法改正や道徳教育などを目指した安部政権には執拗にスキャンダルを流しました
福田政権になりゴシップ見つけは滅茶苦茶減りました
情報制限関係の法律はマスコミが既得権を防衛の為に大反対キャンペーンをやると思います
[ 2008/02/15 18:51 ] [ 編集 ]

>>ケンプファーさん
確かにスパイ防止法は必要ですね。
ってか、ないのがおかしい。

>>hideomiさん
へ~そうなんですかw
ちなみに僕も愛国者ですよ?w

>>蒼き鷹サルレムさん
>アメリカでは我が国での道路特定財源の使途を追求するような政治的なやりとりなのでしょうか?
そうですね、そんな感じでしょうw

>情報制限関係の法律はマスコミが既得権を防衛の為に大反対キャンペーンをやると思います
やるでしょうね~
[ 2008/02/15 19:38 ] [ 編集 ]

知らなかったなあ……それはそうと、この件は国家の(この場合はホワイトハウスの)情報収集・分析能力が完璧ではないということを示しているとは思いますが、「国家は時として非合理な(矛盾した)意思決定を行う」例として見るのは疑問ですな……
ブッシュがこれを知ったらやめさせるんじゃないかなあ、と思いますが……。
「くいっぱぐれた技術者が核技術を拡散させるのを防ぐ」という名目は至極正当なのですが……この記事を見る限り、ロシアさん、拡散させてますよねww 本末転倒ww
[ 2008/02/15 23:39 ] [ 編集 ]

>ブッシュがこれを知ったらやめさせるんじゃないかなあ、と思いますが……。
というより、知らなかったこと自体が問題じゃないでしょうか?
つまり大統領でも全てを把握しているわけではなく、意思決定過程は一つじゃないのかなと思ったのですが・・・
[ 2008/02/17 09:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/90-c2cb088e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。