スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セヴァストポリ基地(ロシア黒海艦隊の基地)の撤収要求 


 前回米政府がパキスタンで特殊部隊による秘密作戦を検討しているというニュースを紹介したけど、モガディシュの戦闘の例もあるし、やっぱり実行だけでなく、やるという決定を出すのも難しいんじゃないかなと思う今日この頃。まぁ核保有国の不安定化は米国にとっても直接の脅威なので、本気でやばくなったら躊躇わないかもしれないけど。上の番組はオススメ。興味のある人は見るべし。

 ちなみに、ニューズウィークにムシャラフへのインタビューが載ってた。「情報活動には全面的に協力するが、米軍の軍事作戦には全面的に反対する」とのこと。まぁ当然だわな^^;
 暇つぶしにGlobalSecurity.org(軍事・安全保障関連の有名なサイト)を眺めていたら、ウクライナがセヴァストポリにあるロシア黒海艦隊の海軍基地に撤収してもらいたがっているという記事が転載されていた。もちろんロシアは全くそのつもりはないと言っている。高校の世界史でも黒海の辺は地政学的要衝(そういう言葉は使っていないけど)っていう話が結構出てきたように、ロシアはここを重要視しているので、一応2017年に賃貸期限が切れて延長出来なくてもいいように、ノヴォロシスクに黒海艦隊用の新しい基地を建設している。

 セヴァストポリ基地のロシア海軍の画像はここにいっぱいある。

Ukraine's foreign minister said on Saturday that the government wants to start talks to prepare the withdrawal of a Russia naval base from Ukraine.

Russia and Ukraine signed an agreement in 1997 stipulating that the Black Sea Fleet's main base in Sevastopol, on the Crimean Peninsula, be leased to Russia for 20 years, with the possibility of extending the term. But Kiev has been pushing for the withdrawal of the base by 2017, in compliance with a previous bilateral agreement.


Russian officials said the country would make no concessions over rent or the withdrawal of the fleet from Ukraine.

引用元:Ukraine wants talks on Russian naval base withdrawal(RIA Novosti 2007/01/12)

The construction of a new base for the Russian Black Sea Fleet in the port of Novorossiisk will be completed by 2012, the Navy Commander said Wednesday.

President Vladimir Putin signed a decree in 2003 setting up an alternative naval base for the Black Sea Fleet in Novorossiisk after Ukraine demanded the base in Sevastopol be withdrawn by 2017.

引用元:Russian Navy chief says new Black Sea base complete by 2012(RIA Novosti 2007/07/11)


 そういえばウクライナでは先月オレンジ革命のジャンヌダルク以前の記事が首相に返り咲きした!だいぶ老けたけど相変わらず仕草がかわいらしい(*´∀`*)

2007年12月18日、議会で首相に選出されたティモシェンコ(写真:AP Photo by SERGEI CHUZAVKOV)

[ 2008/01/14 23:30 ] ロシア・中国 | TB(0) | CM(7)

相変わらず熟女がお好きなようで…(笑)
[ 2008/01/15 11:11 ] [ 編集 ]

ちょとドイツからドーラとカールを借りてくるよ。


彼女に失礼な事を言う奴はシベリア送りだ~。
[ 2008/01/15 16:04 ] [ 編集 ]

ユリア・ティモシェンコ、あのしたたかな女がこのまま終わるわけがないと思ってましたよ。

あのあたりは資源の絡みでいろいろありますからね。
かつてグルジアといいウクライナといいパイプラインの経路に親米政権を作ったことは地政学的に大きな意味があったと思います。

ロシアードイツの北ヨーロッパ・パイプライン構想(ノルド・ストリーム)でウクライナやポーランド・バルト三国などを経由しないパイプライン構想が二年半前のユーシェンコによる上からのクーデターの一因でしょう。

そのような観点でいえばあのあたりはなかなか面白い動きがみられますからね。パイプラインの国際政治というのも興味深い。
[ 2008/01/15 21:04 ] [ 編集 ]

>>鈴本勝さん
ちょwww熟女すぎるだろwww
俺の人格が疑われるような発言すんな(#・∀・)
ロリ好きでも熟女好きでもないのであしからず

>>ケンプファーさん
列車砲・・・あれはいいものだ(マテ

>>hidemoiさん
>パイプラインの国際政治というのも興味深い。
確かに一冊本が書けるようなテーマですね。

ってかこんな本発見
「第五章 パイプラインの国際政治学」
http://books.hankyu-com.co.jp/_ISBNfolder/ISBN_07200/07218_sigen/sigen.html
[ 2008/01/16 07:22 ] [ 編集 ]

その本もってますよ。宮崎氏はなかなか良質な中国ウォッチャーであると思います。保守的な言動もお気に入りw

さて、本といえばリデル・ハート「戦略論」の復刊はご存知ですか?今日発送日次決定の連絡が届きましたよワクワク。

まあ、私はその前に現在読み進めているColin.S.GrayのGeopolitics,Geography&Strategyを読み終えなければならないんだけどね。どんどん読みたい本が増えていくのは仕様ですw
[ 2008/01/17 20:18 ] [ 編集 ]

本持ちすぎでしょw

リデル・ハート復刊ですか、知りませんでした。
それもそのうち読まないといけませんね・・・

間接アプローチ戦略って孫子の兵法の現代版って理解していますが^^;

「Geopolitics, Geography and Strategy」ですか~読みたいですね~
洋書が読めるのは羨ましいです。
翻訳して日本語版を出版してくださいw

>どんどん読みたい本が増えていくのは仕様ですw
ついでに読まないといけない本もw
[ 2008/01/18 22:55 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/01/26 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/83-97bceac7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。