スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新年一般参賀、天皇は皇帝? 


2008年1月2日、警察官に会場までエスコートされる新年一般参賀の参賀者(写真:Getty Images)

 
 前回の更新から1週間も経ってしまったけど、予告通り新年一般参賀の写真を。右翼の人達なのかな?旗(錦の御旗?)とか持った人達気合入り過ぎだお( ^ω^)新年一般参賀には8万人近く集まったらしいけど、やっぱなんだかんだいって日本人は天皇スキーなんだな。今の立憲君主制と共和制の中間みたいな体制が日本人の性に合ってるんじゃないかな。漫画とかの影響もあるだろうけど、俺も何となく君主かっけ~とか思っちゃたりするしね。いい言葉が見つからないけど、大統領や首相とは違った何かを感じる。
 ってか、「天皇」を「Emperor(皇帝)」と表記されるのは何かこそばゆいな。日本は帝国なのか?俺の持ってる電子辞書(広辞苑 第五版)では、「帝国」は「皇帝の統治する国家」で、「皇帝」は「帝国の君主の尊称」って載ってた。おいおい、前者説明になってねぇよ。これって循環定義って奴?たしか予備校の世界史の先生には「帝国」は「複数の国(領土)を治める国」って習ったような気がする。「Emperor」の称号を国際的に承認されているのは、日本の天皇だけらしいけど、誰も日本を帝国だなんて思ってないよな?イギリスは大英帝国の時も「国王」だったよね?イギリス国王=インド皇帝っていういまいちよく分からん使い方してた時期もあったけど。日本も天皇の英訳は「King」じゃ駄目なの?

 ちなみに、ソース元では「天皇陛下万歳」は「Long Live His Majesty(陛下) the Emperor」だった。直訳だとただの長寿祈願っぽいけど、これちゃんとニュアンス伝わっているのかな?w


皇居・宮殿東庭の長和殿ベランダから参賀者に手を振られる天皇ご一家(写真:産経新聞)


参賀者に手を振られる天皇皇后両陛下(写真:Reuters Pictures)


新年一般参賀に集まった参賀者(写真:Reuters Pictures)


新年一般参賀に集まった参賀者(写真:Reuters Pictures)

[ 2008/01/08 02:29 ] 国内問題 | TB(0) | CM(12)

日本の皇族は武力でその地位を確立した訳ではない。
皆が押す形で今の「天皇」と言う地位に付かれている。
これは皆に認められていなければ絶対に成立しない方式です。

そして、日本はそれを認めている。
だからこそ天皇制は存続している。

陛下は皇帝ではありません。
[ 2008/01/08 12:36 ] [ 編集 ]

おっと~、言い忘れていた事が有った。


「日本は天皇陛下を中心とした神の国である!」

だから神社に初詣に行く。
新年一般参賀には8万人の人が足を運ぶ。
[ 2008/01/08 12:44 ] [ 編集 ]

個人的には天皇制という言葉は使いたくないですね。コミンテルン用語なんで。
日本に「天皇制」なんて存在しませんよ。制度じゃないし。天皇陛下を戴くことは日本人として当然の前提です。

さて、私は天皇陛下のことはemperorで全然かまいませんが正確に理解してもらうには時として「priest king]と表記すべきかな、と思います。いや勝手に思うだけなんですが。
そもそも日本は権威と権力の分離を行っておりこの極めて優れたシステムが日本の歴史において重大な役割を果たしてきたと思います。
他国のように君主が武力をもって平定したり、簡単に王朝交代があるような国と一緒にして欲しくないので。
神代から続く万世一系という奇跡。その伝統を今に伝え我々を民族としてまとめているのはその権威に他なりません。
その意味においてキリスト教国家でもない日本が安定した近代国家となりえたのは御皇室を戴いているからであると思っています。

ちなみに一般参賀のためだけに上京しようかと本気で悩む私はまさに原理的日本人であるかとwいや別に蓑田胸喜好きなわけじゃないけど。
[ 2008/01/08 13:54 ] [ 編集 ]

>>ケンプファーさん
批判的な意見で申し訳ないですが、僕は「神の国」思考は好きじゃないですね。
アメリカと同じように自己中になってしまうので。

>>hideomiさん
>正確に理解してもらうには時として「priest king]と表記すべきかな、と思います
確かに「Priest King(祭祀王・神官王)」の方がしっくりきますね。

>君主が武力をもって平定したり、簡単に王朝交代があるような国と一緒にして欲しくない
この点は日本は本当にすげ~国だと思います(`・ω・´)

>一般参賀のためだけに上京しようかと本気で悩む私はまさに原理的日本人
流石ですね^^;
僕は近くに住んでいたら行きたいと思いますが、流石に関西から行こうとまでは思わないっす。
[ 2008/01/09 18:39 ] [ 編集 ]

はじめまして。らぷたーといいます。ときどき見てますが初コメントです。 HNの適当さは流してください^^;

ところで、以前読んだ本に確か、「欧米人にとってのemperorは『ある一つの文化圏全域を支配下に置く人』という意味合いもあり、日本という文化圏全域を支配化に置いている天皇は"日本のemperor"のように見えるのだろう」といったようなことが書いてあったように記憶しています。
江戸時代に「日本皇帝(emperor)の徳川**へ」という書簡が欧米から送られてきたという話も聞きますし、明治に入って天皇がそれなりの実権を持つようになると、例えば日英同盟の覚書に天皇を指して"emperor"が入ったりするそうです。

この場合のemperorはローマ皇帝やフランス皇帝に近い意味になるというところでしょうか。

 そんなわけで、emperorと言っても必ずしも近代帝国主義と関係があるわけではなく、emperorと聞いて近代帝国主義に基づく大英帝国を連想するのは、少なくとも天皇を考える場合は適切ではないと思うのですが、ヴォルフ少佐殿はどう思われるでしょうか><

ただ、この話には続きがありまして、emperorは軍事的指導者としての意味合いが強く、これと対照的な宗教的指導者として、ヨーロッパには法皇がいるのだそうです。 日本で言う将軍と天皇の関係に近いように見えますね。
これを踏まえると、欧米人に日本の天皇陛下の実態をよく分かってもらうには既に話が出ているようにPriest Kingと訳したほうがいいのだろうか、いや、それでもまだ微妙に違うような、と自分では悩んだりしております^^;

あ、最後に、天皇陛下万歳の英訳についてですが、まず、英国で女王陛下万歳は「God save the Queen」だったと記憶しています(いま手元の辞書を見たら「Long live ~~」とか書いてあってちょっとくじけましたが……)。
 この場合、天皇陛下万歳の用法で使われる「万歳」の適訳が存在しないために、どうしてもちょっと変わってしまうということではないでしょうか。

初コメントでいきなり長々とケチをつけるような内容になってしまったorz……お気を悪くされないといいのですが。 すいません、これからは気をつけます^^;
[ 2008/01/10 01:54 ] [ 編集 ]

ちょっと署まで来てもらおうか?
大丈夫、直ぐに終わるから。
[ 2008/01/10 13:04 ] [ 編集 ]

>>らぷたーさん
はじめまして。

>emperorは『ある一つの文化圏全域を支配下に置く人』~
なるほどと思いつつも、少し強引な気もしますね。
まぁハンチントンは日本文明を7(8)大文明の一つに入れていましたけどね^^;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%98%8E%E3%81%AE%E8%A1%9D%E7%AA%81

>emperorは軍事的指導者としての意味合いが強く
そうなんですか~だとすればやっぱり天皇の訳語には適さないですね。

反論も大歓迎ですよ。
コメントありがとうございました。

>>裏のケンプファーさん
だが断るw
[ 2008/01/10 22:23 ] [ 編集 ]

 中華の皇帝がアジアで最高の地位であり、その「皇帝」がそれぞれの辺境の「王」の上に君臨するという中華秩序がいわゆる「柵封体制」ですが、元の時代にはモンゴル皇帝が、清の時代には満族皇帝が中国を統治していた訳で、つまり「シナ大陸の中心を統治する者が皇帝である」というのが中華の歴史です。例えば「琉球王は清の皇帝に貢ぎ物をしていたから、沖縄は中国領だ」というのが中華の論理です。

 中国の古代書には「倭王が使者を送って貢ぎ物をした」などの「倭の五王」の記述がありますが、つまり当時は中国の「皇帝」が日本の「王」の上に君臨していたと認識されていたという事になります(この「倭王」が大和朝廷の事かどうかは所説あり)。日本で「天皇」を名乗ったと言うのは、中国の配下ではなく、少なくとも対等であるという意思表示であります。

 つまり中国の「皇帝」は複数の民族を統治するという予備校の先生が仰っていた通りでありますが、日本の天皇の場合はむしろ「格」の問題として「天皇」を名乗ったという事のようですね。「天皇」の「天」は皇帝の上に位置するという意味もあります。

 日清戦争で日本が勝利した後、事実上清国の属州だった「李氏朝鮮」を格上げして「大韓帝国」と国名を改め、朝鮮王を「皇帝」に格上げしていますが、あくまでも皇帝であって「大韓天皇」とはなっていない訳です。

 現在韓国では日本の天皇に対し「日王」と呼んでいるようですが、これは格下げによる一種の蔑称です。

 歴史も定義も違う西欧の言語に訳す時点で意味など変わってしまうので、そもそも天皇が「Emperor」かという定義自体がナンセンスではありますが、ただし「皇帝」の「皇」は「天皇」の「皇」であり、「皇帝」の「帝」は「ミカド」であり、天皇はかつて「ミカド」と呼ばれていた訳であって、なのでやはり「King」ではなく「Emperor」と訳されるのが妥当ではあります。

 「The Last Emperor」なんて映画もありましたが、中国の皇帝が「Emperor」と訳されている限りは、日本の天皇は「King」にはならないのです。


 「万歳」も訳しようがないですね。直訳したって意味ないしw
[ 2008/01/15 15:35 ] [ 編集 ]

>日本で「天皇」を名乗ったと言うのは、中国の配下ではなく、少なくとも対等であるという意思表示
>日本の天皇の場合はむしろ「格」の問題として「天皇」を名乗った
なるほど~
そういう由来があったのですね~
コメントありがとうございました
[ 2008/01/16 07:27 ] [ 編集 ]

琉球民族やアイヌ民族もまとめて統治って意味じゃ、皇帝でもいいのかもw

なんにしても「自称」皇帝じゃないのがいいね。
海外からも皇帝として認められてるってのが。


遅れましたが、天皇陛下万歳!
[ 2009/01/05 23:47 ] [ 編集 ]

確かに普通にEmperorって呼ばれてるのは凄いですよねw
[ 2009/01/10 23:40 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/02/12 17:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/81-1c187449







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。