スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

原爆投下について 

 今日は8月6日ということで原爆投下について少し考えてみた。

 アメリカ(トルーマン)が原爆を投下した目的(と言われているもの)については広島平和記念資料館の提示にも示されているらしい。要約すると以下の3点になる。

1.戦争終結にあたって米軍はその被害を最小限に止めようとした。
2.すでに米ソ冷戦がはじまっており、戦後の交渉を有利にしようと米軍が原爆投下を急いだ。
3.原爆開発計画に20億ドルの費用を使っており、何らかの形で成果を見せなければ批判が高まる恐れがあった。

引用元 http://www.inaco.co.jp/isaac/back/005/005.htm


 トルーマン大統領博物館には原爆投下決定過程における公式記録やトルーマンの日記が保管されているが、そのサイトで閲覧できるRobert H. Ferrellという人の『Truman and the Bomb, a Documentary History』を読む限り、2と3はなかったとは言えないが重要ではなく、やはり1が主要な目的であったようだ。


 1945年の夏、最も決定的な日々や決定的な幾週間、米国の政府関係者-トルーマン大統領から下級関係者まで、考えていたことと言えば、いかにアメリカの兵や水兵も命を助けるかということばかりだった。だれしも容易に想像がつくように、日本帝国の軍隊と戦い、戦争を終結できる手段であれば、どのような手段であろうと喜んで採用しただろう。

引用元 http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/Robert-1.htm


序章の最後ではこのように書かれており、要は結論としては次のようになる。

 問題は原爆投下の必要性があったかなかったではなく、トルーマン政権が、狂信的な日本軍部が日本の進路の決定権を握っている以上、日本本土侵攻は相当大きな犠牲が出る、と見ていたことだ。数字の問題ではなくこの見解が、日本に対する原爆投下決断の大きな伏線になっていたことは疑いようがない。

引用元 http://www.inaco.co.jp/isaac/back/005/005.htm


参考サイト
http://www.inaco.co.jp/isaac/back_na/back_no.htm
[ 2007/08/06 23:00 ] アメリカ | TB(0) | CM(5)

確かに爆弾を抱えた飛行機で体当たりして来るんだから相手をする方は平常心ではいられませんからね。
本土に上がって行ったら米軍もただでは済まなかったでしょうね。

日本人て途轍もない民族なんですね。
[ 2007/08/07 17:12 ] [ 編集 ]

こんにちは。
以前コメントしたUMAと申します。
mixiからおじゃましました。
面白そうなので今後ちょくちょくチェックさせてもらいます。

なるほど、主要な目的は上でいうと(1)ですか。
ぼくは、ルーズベルトがソ連の参戦を誘い込んだ目的こそ(1)であり、また彼が原爆開発に着手した目的も(1)であったが、トルーマンに政権交代してからは「ソ連との日本の分割統治を避けるため」という割と(2)に近い目的に移行して行ったのでは・・・。と考えていました。

しかし言われてみれば、トルーマンもルーズベルト同様、米軍の被害を最小限に抑えなければならないという「内政上の理由で」投下を決断したと言われても納得できますね。

原爆投下の決定に至るプロセスは、あまりにも多くの、不条理な死であるだけに、こうたくさんの解釈が出てくるのでしょうね。
[ 2007/08/08 09:47 ] [ 編集 ]

>ケンプファー
コメントありがとうございます

日本以外だって特攻はしていたんですが
あそこまで徹底してやった日本はやはり凄い民族ですね
日本は眠れる獅子、怒らせると怖いです(笑)

>UMAさん
コメントありがとうございます
これからもよろしくお願いします

僕自身まだ(2)については迷っているのですが
いずれにせよ(1)がまず前提にあったことは間違いないと思っています
[ 2007/08/08 11:51 ] [ 編集 ]

なんで学生がニートなの???

割と面白そうなテーマをそれなりにちゃんと取り上げておられるようで、ときどき覗かせていただきます。

ところで、ヴォルフさん、あんた学生なんでしょ? 学生がなんでニートなの?? NEETの定義を知ってる?
[ 2007/08/16 12:50 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

もちろんニートの定義は知っていますよ(笑)
確かに学生はニートではないんですが
バイトも全然していないし、勉強に打ち込んでいるわけでもなく、学籍を取ったら完全なニートなんでニート予備軍というニュアンスで「学生ニート」とちょっと自虐的に使っています(笑)
[ 2007/08/16 15:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/7-856276d4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。