スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入管強化について 

 教室のスーツ率と黒髪率が徐々に上がってきて日増しに鬱になっていく今日この頃、英字新聞のHPで「Japan」で検索すると、クジラの話題が多いように感じる。興味ないので内容は見てないけど。

 あと全然関係ないけど今日ちょっと気になった記事は、アメリカの修正第2条(人民の武装権)と銃規制の合憲性判断の件(参照)。ワシントン・ポストにもいっぱい意見が寄せられていた。日本では憲法9条が度々議論されるけど、アメリカではこの修正第2条がちょくちょく物議を醸す。
 
 法律論は置いといて、とりあえず銃規制はするべきでしょ。銃による防衛力よりも銃による脅威の方が断然大きいからね。イザと言う時に素人が銃持っててもほとんど役に立たない。それに悲惨な誤射事件も多いし。まぁあれだけ普及しちゃったらもう手遅れだろうけど。
法務省前で外国人の指紋採取と顔写真撮影反対
のデモを行う外国人居住者と支援者
(写真:AFP/TOSHIFUMI KITAMURA)

 さて、今日の本題。日本に入国する外国人の指紋採取や顔写真撮影が昨日からスタートした。例のごとく人権団体が騒いでいるけど、初日から強制退去歴のある人が見つかったり(参照)早速成果が出てるみたい(笑)

 到着ロビーでオーストラリア人の教師ジェイク・ハイリッヒさん(33)は「全く気にならない。安全には必要なこと。理解できる」。台湾人女性(31)やインドネシア人男性(45)らも「必要なこと」「とても良い」と歓迎した。だが、オーストラリア人のポール・ムンテンさん(42)は審査端末の故障で「旅客機を降りて到着ロビーに出るまで一時間半かかった」とうんざりした表情。

引用元:【関連】『安全に必要』歓迎の声 新入国審査 テロ抑止効果疑問視(東京新聞 2007/11/20)

「治安のためなら仕方がない」と理解を示す人が多かったが、待ち時間の長さに不満の声も聞かれた。

引用元:外国人の指紋採取始まる 5人に前歴、退去へ(産経新聞 2007/11/21)

Some of the most vocal critics have been among foreign business leaders, who say the screening could hurt Japan's standing as an Asian business center, especially if it is inefficiently carried out, leading to long waits at airports. Business groups here warn that such delays could make Japan less attractive than rival commercial hubs like Hong Kong and Singapore, where entry procedures are much easier.

The business groups also contend that the screening runs counter to recent efforts by the government to attract more foreign investment and tourism.


"I have no problem complying with the letter of this law," said Mr. Issott, who lives in the western city of Kobe. "But I am utterly disgusted that they haven't found a way to make this quicker and more painless."
引用元:New Japanese immigration controls worry foreigners(International Herald Tribune 2007/11/18)

 人権団体は騒いでいるけど、いつもの例外(参照参照)を除き、当の外国人の多くは別に差別だとか言って反対したりはしていない。入国手続きで長時間待たされるのが嫌になるというだけ。それとあんまり記事が見つからなかったけど、ヘラトリの記事には、ビジネスに悪影響を及ぼし、日本の空港の競争力を下げるというようなことが書かれていた。尤もだな^^;要するに問題は人権じゃなくて迅速性だということ。ただ、ロサンゼルス・タイムズに少し気になることが書かれていた。

Statistics, however, show that the number of crimes committed by foreign visitors is falling. And despite alarm about particularly sensational crimes that attract media attention, Japan's overall crime rate is declining or flat.

引用元:Japan's welcome mat getting prickly(Los Angeles Times 2007/11/11)

 改正入管法は(外国人による)テロの予防が目的だけど、実は統計では外国人の犯罪件数は減っているとのこと。ほんとかなと思って平成18年版の犯罪白書を調べてみたけど、え~と・・・検挙数増えてますよ?(;´∀`)まぁ、入国者数もかなり増えているから割合で言えば減っているのかもしれない。でもそれをもって外国人の犯罪が減っているとは言えないだろう。ちなみにこの記事を書いたのはNaoko Nishiwakiという日本人の女性記者だけど、どこの統計を見たのかな?

[ 2007/11/21 21:02 ] 日本の安全保障 | TB(0) | CM(2)

え、抗議する理由が解からない。
元来日本の対応は甘ちゃんだった。
それを強化して何が悪いの?
日本には平和的な目的で入国する人ばかりとは限らない。
破壊的目的で入国する人を排除して何がいけないの?



悪い事をしていないのであれば堂々と指紋を押して顔写真を撮影してもらえば良い。



大きな治安の為には人権なんてものは少々侵害されても構わない。
[ 2007/11/22 08:13 ] [ 編集 ]

公共の福祉のためなら多少は個人の権利が侵害されても仕方ないと思います。
[ 2007/11/23 10:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/64-6bca33ec







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。