スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拉致より核優先で何が悪い?! 

日米首脳会談後、ホワイトハウスで共同記者会見する福田首相とブッシュ大統領
(写真:THE WHITE HOUSE)

 
 いつもはだいたい当たり障りのないことしか書いていないつもりですが、今日はもしかしたら非難されるかもしれないような意見を書きます。タイトルもわざと少し煽るような表現です^^;

【関連記事】
President Bush and Prime Minister Yasuo Fukuda of Japan in Joint Statements(THE WHITE HOUSE 2007/11/17)
日米首脳会談要旨(産経新聞 2007/11/17)
日米首脳共同会見 福田首相の発言全文(朝日新聞 2007/11/17)
 ここ数年は全くドラマを見ていませんが、僕の好きなドラマの一つである「踊る大捜査線」に有名なセリフがあります。「事件に大きいも小さいもない!」というやつです。でも僕はこのセリフはあんまり好きではありません。何故ならやはり事件には大きい小さいがあるからです。捜査員が限られているなら、窃盗事件と殺人事件どっちに動員するかは、被害度から考えて当然後者であるべきだからです。もちろん、このセリフの真意が「蔑ろにしていい事件はない」ということは分かっています。これと同じく、拉致も重大な問題です。僕が言いたいことは、戦略や政策には優先順位が必要だということです。

 多くの日本人は、北朝鮮の核問題というとテポドンが飛んでくる話しか思い浮かべないでしょうが、それよりも深刻なのは核拡散問題です。北朝鮮のようなならずもの国家含め国家が故意に核(小型核はともかく)を撃つことはありえません。そのような合理的思考(何が合理的か一概に言えないとしても)ができない国だと捉えるならそもそも外交なんて無意味じゃないですか?アメリカもテロ組織に核が流れることを何より怖がっているのです。テロ組織は国家と違って遠慮なく使えるので。そして、それは日本にとっても世界にとっても大変な脅威です。下の記事のように、北朝鮮の核拡散の可能性はかなり高いと見られています。

アメリカの外交安保分野専門のメディアである、‘フォーリンポリシー’は、去る5月23日から6月26日まで、専門家108人を対象にアンケート調査を行い、その結果を20日、ウェブサイトで公開した。

報告書によると、専門家らは今後3~5年間で核技術をテロ組職に移転する可能性が高い国を2つあげてほしいという質問に対し、74%がパキスタンと答え、2番目が北朝鮮(42%)だった。専門家らは、ロシア(38%)、イラン(31%)、アメリカ(5%)よりも、北朝鮮がテロ組職に核技術を移転する可能性が高いと評価した。

だが、今年2月の同じ調査では、北朝鮮が核技術をテロ組職に渡す可能性が最も高い国家にあげられていた

引用元:“北, ロシア・イランより核拡散の可能性高” フォーリンポリシー 米専門家アンケート(Daily NK 2007/08/21)

 
 拉致被害者は当然救わなければなりませんが、これだけ騒がれるようになった今これから北朝鮮が拉致活動を再開することはないでしょう。それに対して核拡散はこれからの問題ですし、地球規模の問題であり、被害度も遥かに大きいです。日本の政治家が核優先を公言すると票を失いますが、政策決定者として核を優先させることは当然だと思います。

 それにしても、日本の平和団体や反核団体が外国の核にはあまり騒がないのが不思議です。内政干渉でも気にしているのでしょうか?民間が他国の政策にいくら口出ししても内政干渉には該当しないと思うので、存分にやってもらって構わないのですがw
[ 2007/11/19 21:31 ] 日本の安全保障 | TB(0) | CM(10)

怒ったりしませんよ。

将軍様は自分の贅沢の為に色々な武器を売って小金を稼いでいる。
核のそれが軌道に乗れば確実に売り捌くでしょう。


となると標的になるのは?
そう、カウボーイ。


どう言い繕っても自国民が直接拉致された訳ではないので興味が薄いのでしょう。
[ 2007/11/20 13:05 ] [ 編集 ]

僕は正直、拉致問題に囚われすぎるのはいかがなものかと常々思っています。って、ずっっっと前にミクシィの日記でもコメントしましたっけ?

とりあえず、僕も同感です。
[ 2007/11/20 16:09 ] [ 編集 ]

>ケンプファーさん
仮にアメリカ人も拉致されていたらアメリカはどう動いていたのかな?クールに核問題を優先させたような気もするし、人権派が騒いで今の日本と同じようになっていたような気もする。

>シャオさん
すみません、ちょっと覚えてないです。
同意見の人がいて安心しましたw
[ 2007/11/20 20:01 ] [ 編集 ]

ただ・・・

僕も、大佐さんの言うことに、基本的には賛成です。
ただ、”比較優位”というか、なんというか、日本が核拡散防止に貢献できる量と、アメリカや他の安保理理事国が貢献できる量を比べれば、相対的に後者の方が高いわけですから、国益にかなう二つの問題(核と拉致)では、拉致の方を他国より多めに言うことは理にかなってるという気もしないではありませんね。(それに、拉致問題解決を主張しているのは、日本だけなので、日本が口少なになると、問題自体が立ち消えになってしまいそう・・・)
まあ、国の中枢では、やっぱり核拡散のことをより重大に考えているとは思いますが、相対的に拉致が大きく取り上げられたりするのはしかたないかと。
[ 2007/11/21 10:22 ] [ 編集 ]

なるほど・・・経済以外で比較優位という発想はありませんでしたw

僕も日本が拉致問題を他国より強く主張するのは当然だと思います。ただ、それを前面に出しすぎて核問題を停滞させる口実を作らせてしまったら本末転倒なんじゃないのかということです。


ちなみに、たまに間違われるんですけどHNは昇進していないので少佐です( ´∀`)
[ 2007/11/21 21:40 ] [ 編集 ]

拉致は日本の外交カード

外交は交渉である。相手をいかにこちらに従わせるか。その闘いである。
対北朝鮮が絡む交渉において、北が有効に使えるカードは衆目するところ「核」である。我が方は経済支援である。
そこで北は、国の困窮、人民の貧窮もカードに支援要求をする。ここに強力で有効な日本の対抗カードが「拉致被害者」である。
現実に日本外交はこれを前面に押し出し、したくもない支援をピタリと止めた。この国家犯罪を認めた以上。我が方は徹底的にそこを追いていく。
相手の弱点を暴き立てる。これが敵対する相手への外交の初歩である。
関係6ヶ国の中でエースを持つのは日本であり、突っ張り続けていれば皆その内に懇願してくるであろう。
だがこれが明確な外交戦略となっているかは不分明である。
[ 2007/11/22 18:00 ] [ 編集 ]

日本が拉致を理由に支援をストップする→北朝鮮支援がないから核放棄の動きをストップする→6者協議のメンバーが困る→日本に支援させるために北朝鮮に拉致問題を解決するように説得する→北朝鮮が拉致問題解決に動く

となればいいんでしょうけど・・・そう上手くいくでしょうか・・・
[ 2007/11/23 10:59 ] [ 編集 ]

言ってるそばから・・・

対北朝鮮重油支援の日本負担分は米が肩代わりする模様

やっぱり上手くいきませんねorz

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007112300123
[ 2007/11/23 17:41 ] [ 編集 ]

失礼しました

↑名前の件、失礼しましたi-230
[ 2007/11/26 17:09 ] [ 編集 ]

お気になさらずw
[ 2007/11/27 00:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/63-7d0b851a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。