スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブログのデザインを変更 

色々いじってみた

やっぱり画像縦が長過ぎるかなぁ
削った方がいいかなぁ

ちなみに何の絵かは分かるよね?w


ってか、それだけとあれなんでちょっと面白い記事(参照)を紹介。アメリカで影響力を持つ保守派、リベラル派の各トップ100名がリストアップされている。ちゃんと読んでないので、どういう基準で選んだのか分からないけど^^;ちなみに、ブッシュがトップ20に入っていないのは大統領が替わった後すぐ忘れられるだろうからだってさ。

それと、数週間前に読んだニューズウィーク(日本語版)には「大統領選挙の争点は内政より外交だが、結局政策よりも候補者のキャラで選ばれるだろう」というようなことが書かれていた。日本も人のことは言えないけど、民主主義を世界一推奨している国の民主主義もそんなもんです(´∀`)授業の空き時間に学校の図書館でニューズウィークを斜め読みするのにはまっている今日この頃。フォーリン・アフェアーズなどのお堅い専門誌とはまた違った面白さがある。
[ 2007/11/08 23:59 ] アメリカ | TB(0) | CM(6)

私もニューズウィークの英語版読んでるお♪
[ 2007/11/09 13:52 ] [ 編集 ]

(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

凄いな~

その英語力を分けてほしいw
[ 2007/11/09 14:49 ] [ 編集 ]

ザカリアが大好きです。
[ 2007/11/10 00:44 ] [ 編集 ]

ごめん、ザカリアって何?ググッたらカメ専門誌とかヒットしたけどw
[ 2007/11/10 03:37 ] [ 編集 ]

ファリード・ザカリア。ジャーナリスト(?)で、ニューズ・ウィーク国際版の編集長です。

ざっとした経歴を。
インドの上流階級生まれで、アメリカに渡りハーバードのハンチントンの下で博士号を取得。その博論『From Wealth to Power』で"State-Centered Realism"という新たな枠組みを提示。これは攻撃的な大国(ここでは確か19Cのアメリカ)の行動を、ネオリアリズムではなく古典的リアリズムの手法で分析したもの(だったはず)です。あと彼はフォーリン・アフェアーズの編集長も務めていました。

いわゆるネオクラシカル・リアリストの1人ですね。
[ 2007/11/11 19:21 ] [ 編集 ]

う~それは知らなかった

ネオクラシカル・リアリストか~

ちなみに俺は権力欲から説明する古典的リアリズムよりシステムから説明するネオリアリズムの方が好き
[ 2007/11/11 19:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/57-de03e2ef







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。