スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拉致未解決のテロ支援国家指定解除 

 今日も2ちゃんに常駐しながらネットでニュースをチェックしてたわけですが(笑)、ヒルならともかくライスが、拉致問題が解決しなくても北朝鮮のテロ支援国家指定を解除すると言った、なんて記事があるじゃないですか。ってことで、ほんとかどうか調べてみようと思います。


 ロイター通信は24日、ライス米国務長官が同通信とのインタビューで、日本人拉致問題が完全に解決しない場合でも、北朝鮮のテロ支援国家指定の解除ができることを示唆したと伝えた。

 長官は拉致問題について「恐ろしい人権問題であり、解決しなければならない」と強調。日本政府には「拉致問題を忘れない」という米国の立場を繰り返し示しているとして、北朝鮮に対しては「これからも強く(解決を促す)圧力をかけ続ける」と言明した。

 その上で「しかし、北朝鮮に関連したすべてのステップが動かなくなるような状況には陥りたくない。米国は(北朝鮮に対し)適切な見返り措置を使うことができるようにしておかなければならない」と述べ、拉致問題とテロ支援国家指定解除問題を切り離して考える方針を示唆した。

 ライス長官は22日の町村信孝外相との会談で、北朝鮮との関係発展のために「日本との関係を犠牲にすることはない」と述べている。

引用元:拉致未解決でも北朝鮮のテロ国家指定解除 ライス米国務長官示唆(産経新聞 2007/09/25)

朝日読売にも同様の記事がありました。そして、この三社がソースにしているロイターの記事は↓

U.S. Secretary of State Condoleezza Rice hinted on Monday that North Korea could be dropped from a U.S. terrorism blacklist before fully accounting for the Japanese citizens it abducted in the 1970s and 1980s.


"I don't think that we want to get into a situation in which we have locked all of the steps that we might take with the North Koreans and lock them into a certain sequence with other steps that we think need to be taken," Rice told Reuters in an interview.

"We have to be able to use whatever incentives we have that are appropriate to the stage at which we are with the North Koreans," she added.
引用元:North Korea may be dropped from terrorism list, U.S. hints(Reuters 2007/09/24)

そして、肝心のインタビューのスクリプトは↓

QUESTION: Can we go to North Korea for a sec? The six-party talks are going to start this week again. Chris Hill recently suggested that North Korea could be taken off the state sponsors of terrorism list before it completely denuclearizes. Is the United States willing to consider removing North Korea from the state sponsors list even if it has not fully addressed the Japanese concerns about their abductees? Can you do that without a full accounting on the abductees?

SECRETARY RICE: Well, the state sponsor of terrorism list has a kind of internal logic; in other words, there's a set of measures, a set of indices that are supposed to be met in order to come off the state sponsor of terrorism list. And I think we need to look at those. And we are going through the process of seeing if North Korea meets those tests.

There is obviously some advantage to doing something like that in conjunction with the next phase of North Korean - of the six-party talks, and the next phase, of course, is disablement and declaration.

We have been very clear with the Japanese - and we have very good cooperation and coordination on this - that we are not going to forget the abduction issue. In fact, it is a subject for discussion every time Chris speaks with the North Koreans. We're going to keep pressing it. It's a really horrible humanitarian situation. It was a terrible thing to do and it needs to be resolved.

We've also been very active in pressing for and I think helping to move forward the bilateral DPRK-Japan track, which is really where this has to be resolved. But I don't think that we want to get into a situation in which we have locked all of the steps that we might take with the North Koreans and lock them into a certain sequence with other steps that we think need to be taken. We have to be able to use whatever incentives we have that are appropriate to the stage at which we are with the North Koreans.

But if we get to that point, it will be a very fortunate thing, so right now I think we're just concentrating on trying to get a disablement schedule and a declaration that is full and complete.

QUESTION: It sounds like what you're saying is that, in fact, you would consider taking them off, even if you don't drop the abductee issue, even if it's not fully resolved, you've got to be able to --

SECRETARY RICE: We'll consider the right sequence and the right set of steps as we approach the reality - hopefully the reality - of a disablement schedule.

引用元:Interview With the Reuters Editorial Board(米国務省 2007/09/24)

 関連箇所はこの部分だと思います。僕が覗いた2ちゃんのスレ(【政治経済】平成床屋談義 町の噂その24【米国】拉致未解決でも北朝鮮のテロ国家指定解除~ライス米国務長官示唆[09/25])ではロイターの間違いだということになっていましたが、スクリプトを読むと本当にそうかなという疑問が沸きました。確かに、拉致問題については主張し続ける(太字部分)と言っているのですが、赤文字部分がひっかかります。僕の英語力のなさゆえの誤読ならいいのですが、核問題解決のために使えるものは使う、テロ支援国家の指定解除が有効なら拉致問題の解決未解決に関わらず、それを実行すると言っているように思われます。英語の得意な人教えてください><

 ちなみに、これが本当でもそれで裏切られたとか米国を非難したいわけではありません。米国は米国で自国の国益を考えて行動しているだけです。日本以外にとっては当然ながら最大の関心は核問題であり、拉致問題は安全保障に特に関係ないでしょう。つまり、言いたいことはいくら同盟国だからと言って米国を頼り過ぎるな、自国の国益は自国で守れということです。

 ただ、今度は核拡散疑惑が出ているので、指定解除はまだまだ先かもしれません。

 米側は否定したが、6カ国協議筋は「核問題進展のカードとして、指定解除を使おうとしている」と述べ、年内解除の可能性を指摘していた。

 ところが、北朝鮮がシリアの核開発に協力しているとの疑惑が浮上。当初は対北朝鮮強硬派が協議を妨害するために流したとの見方もあったが、米メディアは連日この疑惑を伝えるなど、関心が高まっている。

 核ではなくミサイル協力との分析は根強いものの、共にテロ支援国家に指定されている北朝鮮とシリアの協力関係が浮き彫りになり、米政府内や議会からも早期解除への慎重論が相次いでいる。共和党関係者は「ブッシュ大統領が政権発足以来重視してきたのが拡散問題であり、この問題をないがしろにしたまま指定解除に踏み切ることはありえない」と語る。

引用元:対北朝鮮のテロ支援国家指定解除にブレーキ (産経新聞 2007/09/22)




僕以外にもちゃんとインタビューのスクリプトをチェックしている人がいました。その方曰く、

今回は産経の記事には意図的誤訳も超意訳もなく、正しく伝えていると思います。
Condoleezza Riceは、掻い摘んで言うならば、「やるときゃ拉致なんかとっとと忘れてやりまっせ!!」(超意訳)と言っております。

僕の読解は間違ってなかったみたいw

[ 2007/09/26 01:58 ] アメリカ | TB(0) | CM(2)

福田総理誕生で日本がもたついていても世界は動いているんですね。
忘れてはいけません。


そして誰も居なくなった・・・。


日本だけで粘るのも良いのではありませんか?
結局金を出すのは日本なのだから。
[ 2007/09/26 08:22 ] [ 編集 ]

他国と協調してやっていくのはいいんだけど、最終的には自国が踏ん張らないといけません。
[ 2007/09/26 20:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/33-ef2c52ec







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。