スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

反米媚中 

 小沢は会談に応じるか散々焦らした上、会談をマスコミに公開して同盟国の大使を晒し者にするという失礼な振る舞いをした。しかし、今回中国相手には「世界は小沢代表に注目している」なんて見え見えのお世辞に乗せられちゃっている。(お世辞なしでも行くだろうけど^^;

 シーファー駐日大使との会談を、密室ではなく公開という形にしたことに対して好意的に解釈している人が少なからずいるが、小沢は今まで散々密室政治をしてきた人間なんだからそんな奴の言い分には説得力はない。それに中国相手に同じことやってみろと言いたい。今後会談(重要なものだけでも)を全て公開形式にするなら筋は通っているが、そうでないならやはりただのパフォーマンス。


 小沢ひいては民主党(もちろん党の中には色んな人がいるが)はアメリカには強い態度を取っているが、中国にはペコペコしていることを国民は分かっているのだろうか?自分ならたとえ自民党が腐っていてもこんな党に政権は渡したくないと思うのだが、こんな意見は少数派なのだろうか?極端な話、親中(媚中)よりは親米(媚米)の方が遥かにマシだと思うのだが。もちろんどこに対しても「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」なのが一番だけど(マテ

 国内問題でも色々あるが、外交政策で信用できないのが民主党を支持できない主な理由。岡崎久彦氏が言うように、「外交は本来超党派であるのが望ましい形であるというのは国際的な常識」であり、「責任政党の定義の中で、最も重要なのは、超党派の外交、安全保障政策が遂行出来るかどうか」なのだから政権政党になりたいのならそこをきちんとしてもらいたい。

【参照記事】
民主・小沢代表、王毅大使の招きで12月上旬訪中へ(YOMIURI ONLINE 2007/09/06)
【正論】新・安倍内閣発足 元駐タイ大使・岡崎久彦 テロ対策特措法で対応を誤るな(SankeiWEB 2007/08/30)
[ 2007/09/08 21:01 ] 日本の安全保障 | TB(0) | CM(11)

何故パンダを撫でるのか?
裏では日本侵攻を計画しているのですか?


中華料理に罪は無い。
でも中国は嫌いだ!
[ 2007/09/08 21:36 ] [ 編集 ]

中華思想さえなければだいぶいい国になるんだろうけど
[ 2007/09/09 01:29 ] [ 編集 ]

はじめまして、2chから流れてきました。少しきついことを書きますが、別にヴォルフさんへの敵意ではなく、ただの暇人の独り言だと思ってください。

>外交は本来超党派であるのが望ましい形

だとは私も思いますが、だとすれば自民党がそれを出来ているかというとかなり否定的にならざるをえないのですが・・・。

また、対中・対米外交にしても、正直印象論に終始していると思わざるをえません。私は特に米国や中国のどちらかが好きとか嫌いとかということはありませんが、ネットや一部の雑誌で見られるような、なんでも親中=媚中=売国奴というような、外交政策を論じるにはあまりに稚拙な論理を見ていると、民主党が政権をとることよりも、むしろそのような拙い世論の方に危機感を覚えます。
[ 2007/09/09 01:34 ] [ 編集 ]

う~確かに印象論になっているかもしれませんorz

でもそれは僕の説明力不足なだけで、実際親中派=売国とまではいかなくともそういうことをやってる人は多いですから。もちろん自民党の中にもいますが。

アメリカの民主党が中国に金を貰って色々動いてること(クリントンとか)は有名だと思いますが、日本の民主党も同じようなものでしょう。

例えば、民主党は沖縄を中国に渡すかのような政策を掲げてたりしますし。

コメントありがとうございました。
[ 2007/09/10 05:29 ] [ 編集 ]

おはようございます。

ヨロシク仮面さん同様、最近のネットや雑誌の一部の極端に走る傾向は見ていて気持ちの悪いものを感じますね。
ニーチェの言葉に、闇を覗く者はまた闇からも覗かれている、という趣旨のものがありましたね。
この手の過激な発言をしている人達は、彼らの嫌っていた人達と同じ考え方に陥っているような気がします。

外交を考える上で忘れてはいけないことは、現実的にどんな利害が発生するのか、ということであるように思います。利害を考える上である特定の視点のみを重視するようになってしまうと、誤った結果を導いてしまうことになるのでしょう。
人の話を聞いていると、自分が如何に狭い基準で考えていたのかということを感じさせられます。精進せなorz
[ 2007/09/10 07:20 ] [ 編集 ]

なぜか昨日はコメントを書くことができなくて、やっとできました。

>「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」
まぁネタなのはわかっていますが、この場合外交などいりませんよね。相手が存在していませんから。「外交」とは、国際政治には複数の常識が存在するという事実を踏まえて、対立する国家間の利害を調整する術ではないかと。よって「情」では無く、「利」と「理」を以て外交政策は決めなければいけません。だから、そもそもイデオロギー的に親米・親中と分けることや、相手を不可視化させる価値観外交というものはナンセンスだと思うのです。
少なくとも古典的現実主義者と呼ばれる人々はこの前提に立っていたのではないでしょうか?ある意味では構成主義や戦略文化の研究者もそうでしょうね。

あ、決して民主党の政策に賛成しているわけではないので誤解なさらないでくださいね 笑
[ 2007/09/10 11:24 ] [ 編集 ]

>>ほーねっと・すとらいぷさん
自分も偏らないように心掛けてはいますがなかなか難しいですよね
>人の話を聞いていると、自分が如何に狭い基準で考えていたのかということを感じさせられます。
僕もゼミの教授と話しているとよく感じます

>>シャオさん
おっしゃる通りだと思います。でもたぶん完全に「情」やイデオロギーを排除した外交はできないんじゃないかなと思います。
皆が「利」だけ考えて行動していたら戦争なんてほとんど起きなかったと思いますし。
「利」だけなら互いに読みやすくて外交もやりやすいんですけどねぇ
[ 2007/09/14 12:10 ] [ 編集 ]

はじめまして

初めて寄らせていただきました。私は日本国民の、危機意識のなさ、細かい不祥事をつつく民主党の戦略に簡単にはまってしまい、今一番大事なのは何かを見失っている、日本人の愚かさを、非常に残念に思っています。ブログはまだ初めてひと月ですし、政治・外交についての知識も素人ですが、あくまでも私個人の視点で物事を推し量ってがんばって書き続けます。

失礼ながら、リンクに追加させていただきました。
お暇がありましたら、私の方にも一度お寄りください。意見の異なる点など、無知な私にご教授いただけたら有難く思います。  失礼いたします。

たかはし  埼玉県在住  39歳
[ 2007/11/23 13:10 ] [ 編集 ]

民主党と国民には本当にしっかりしてもらいたいです。
政権交代自体は必要なシステムなので。
早く本当の二大政党制になってもらいたいです。

リンクありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
[ 2007/11/23 17:26 ] [ 編集 ]

ね!

何で中国は嫌いだ
日本の技術と中国の市場を組んでそれは一番の武器ですよ
太字の文
[ 2008/02/26 20:16 ] [ 編集 ]

それが一番賢い選択なんですけどね・・・
[ 2008/02/28 22:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/25-9c721151







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。