スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国封じ込め 

 インドネシア、インド、マレーシア3ヶ国の歴訪に出かけている安倍首相は現在2番目のインドを訪問中だ。

 外務省のHPにうpされてる首相のインドネシアとインドでの演説、「日本とASEAN――思いやり、分かち合う未来を共に」「二つの海の交わり」を読んだけどなかなかいいこと言ってると思う。穿った見方をせず素直に読めばちょっと感動するし。←言い過ぎw

 マスゴミ(特にテレビ)は不祥事や失言にはめちゃくちゃうるさい(ミンス党の場合はスルー)のに、何でこういうGJな政策はほとんど取り上げないんだよ。2ちゃんの人が言う、「安倍ちゃんの政策がいいかそうでないかの違いを見分ける簡単な方法、マスゴミがスルーする→GJ!」はほんと的を射ているな。


 「ASEAN憲章の起草を続けてきた賢人会議の議論においてはもとより、各国指導者が述べる言葉の端々にも、この頃では「民主的諸価値の強化」、「グッド・ガバナンスの保証」、「法の支配の維持」、さらには「人権の尊重」といった、基本的価値に対する真摯な取り組みを語る部分が出て参ります」(安倍首相)

さり気なく中国への嫌味ワロタw

安倍首相が掲げた3つの具体的な取り組みのうち、メコン川流域各国への支援は「法の支配を促していくため」、また平和構築支援は「選挙を実施し、政治が民意を反映する仕組み」をつくるためのものと位置づけ、価値観外交の象徴だといっていい。当然ながら「こうした提案は国内に人権問題を抱える中国にはできない」(同行筋)

引用元 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/78159/

誰が言ったのか知らないけどぶっちゃけすぎw

「日本外交は今、ユーラシア大陸の外延に沿って「自由と繁栄の弧」と呼べる一円ができるよう、随所でいろいろな構想を進めています。日本とインドの戦略的グローバル・パートナーシップとは、まさしくそのような営みにおいて、要(かなめ)をなすものです」(安倍首相)

 この発言からも分かるように、政府はユーラシア大陸の外延の中でも特にインドを重要視しているようだ。当たり前っちゃ当たり前だけど。安保面でも交流(防衛交流)が進んでいて、平成12年から日本はインドと6回の共同訓練をやっている。今年4月には初の日米印の3ヶ国海上共同訓練をやったし、産経によると9月には日米豪印シンガポール5ヶ国の海上共同訓練もやるようだ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/78541/

 この調子でハード・ソフト両面で中国を封じ込めてもらいたい。ライスが論文「国益に基づく国際主義を模索せよ」の中で言ったように、日本にとっても「経済的交流を通じて内的変化を促進する一方で、中国の安全保障上の野心を封じ込めることが重要」。日本にとって一番いいシナリオは、日本とアメリカや周辺諸国のパワーによって、中国に国内の不満を外に向けることを断念させ、中国が徐々に民主化してくれることだ。

 そこまで言って委員会でも絶賛されてた「自由と繁栄の弧」だけど、特アの使い魔山崎拓が「対中包囲網になるから適切ではない」と中国の代弁をしてたことからも、これはいい戦略w

山崎拓の発言に関する記事は↓
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20070727k0000m010124000c.html
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070727AT3S2601C26072007.html
[ 2007/08/23 03:15 ] 日本の安全保障 | TB(0) | CM(10)

インドも中国も国内に問題を抱えている。
だけれどインドの方がまだ未来が有る様な気がする。

パンダに限っては金儲けの方は良いけどそれ以外について・・・。

太平洋とインド洋と言う大きな海に面した国が合同演習して何が悪い!
やはり夢しか見ない様な人には現実に備える事は出来ませんか・・・。
シンガポールも良いけどマレーシアも入れた方が良いような気がします。


価値観を同じくする国が協力して何が悪い!
拓さん貴方が発言出来るのも民主主義のお陰ですよ。

[ 2007/08/23 10:10 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

インドは中国と国境紛争してた時もあるから
仮想敵国が一緒な国同士仲良くできるはず

最後のコメントワロタw
[ 2007/08/23 18:21 ] [ 編集 ]

「人権」・「環境」カードはもっと積極的に使うべきだと思います。
少なくとも歴史認識とかでごちゃごちゃなるよりよっぽどいいです。欧米受けもいいですしね。

それでも親中派は「人権を外交に使うなんて!」とか言うのでしょうが 笑
[ 2007/08/23 18:23 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>人権を外交に使うなんて!
ワロタww ほんとに言いそうwww

自称平和運動家の人は価値観外交応援しろよって思います
[ 2007/08/24 02:44 ] [ 編集 ]

28

せっかくなので記念かきこ
[ 2007/08/24 20:31 ] [ 編集 ]

どうもです

一瞬誰か分かりませんでしたが「国際関係論・国際政治学 総合スレ2」の人ですねw
[ 2007/08/25 14:24 ] [ 編集 ]

あ、題名のとこに名前がw

まあ、そうですw
[ 2007/08/25 21:30 ] [ 編集 ]

これからもよろしくです

ツッコミとかしてもらえると嬉しいです
[ 2007/08/25 22:48 ] [ 編集 ]

妄想に過ぎず

世界唯一の超大国である米国でさえ、中等国家のイランを封じ込めようとしても、なかなかできない。中等国家の日本はどうやって大国の中国を封じ込められるのか?こういう発想は、全く理解に苦しむ。よく国際政治、世界情勢を勉強しなさい。
[ 2008/01/16 09:09 ] [ 編集 ]

「何世紀にもわたって、封じ込めは外交政策の主要な道具であった。18世紀には、ヨーロッパの保守的な君主国はフランス革命のもたらした自由と平等というイデオロギーを封じ込めようとした。それ以前にも、反宗教改革でカトリック教会は宗教改革とマルチン・ルター(Martin Luther)の思想の伝播を封じ込めようとした。封じ込めの形態はさまざまである。攻撃的なものもあれば防衛的なものもある。戦争や同盟の形を借りた軍事力の場合もあれば、通商ブロックや制裁と言った経済力の場合もある。そして、理念や価値を促進する形でソフト・パワーを用いることも出来る」
ナイ『国際紛争』140・141ページ。

仰る通り中国を封じ込めるのはかなり大変でしょう。

経済や軍事だけで封じ込めるのはまず無理でしょうから、ナイの言う「理念や価値を促進する形でソフト・パワーを用いる」タイプの封じ込めが重要ではないかと思います。
[ 2008/01/18 22:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/17-9ac8a23f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。