スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

けちなアメリカと大胆な中国? 

J-10.jpg2009年9月2日、中航工業のオフィスビルの前に配置された「J-10」(写真:Getty Images)

 アメリカが「F-22」の輸出を禁止し、「F-35」のソースコードも共同出資国に公開しない一方参照、中国はパキスタンと多用途戦闘機「JF-17」を共同開発・生産したり参照、新型戦闘機「J-10」の輸出を交渉したりと参照、徐々に戦闘機の輸出を拡大させている。アメリカ製の性能がいくらよくてもあまりけちけちし過ぎると、各国にそっぽ向かれることになるのではないだろうか。性能がだいぶ高くなってきた上に価格も安い中国製の戦闘機が今後世界で普及しそうだ。
[ 2009/11/26 02:32 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/147-2daa148f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。