スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

対テロ戦争で陸軍(兵力)をケチるべからず 

L115A3.jpgアフガニスタンで戦うイギリス軍狙撃兵達(写真:Defence Image Database)
 
 今回はエコノミストのアフガニスタンでの対テロ戦争に関する約1か月前の記事についての簡単な感想です。引用記事の内容に関しては、奥山氏が要約してくれていますので詳しくはそちらをご参照下さい。

The cost to NATO countries is immediately apparent: tens of billions of dollars and the lives of more than 1,200 soldiers. The cost of leaving is harder to measure but is probably larger: the return of the Taliban to power; an Afghan civil war; the utter destabilisation of nuclear-armed Pakistan; the restoration of al-Qaeda’s Afghan haven; the emboldening of every jihadist in the world; and the weakening of the West’s friends.


So what should Britain do? To begin with, the government must act with conviction, rather than wish the problem away. It cannot be at war with a peacetime mind-set. As a share of the budget, defence spending has shrunk since 2001. The defence ministry is a parking place for weak ministers or a stepping-stone for strong ones. Priority should be given to manning fully the army’s ranks, and probably expanding them. More must be done to provide helicopters, transport aircraft, drones and better-protected vehicles. This would wreck budgets and upset the navy and air force. So be it. Losing a war is even more demoralising than losing ships or jets. The government should have announced a Strategic Defence Review a long time ago, not delayed it until after the election.
引用元:The war in Afghanistan : Hold your nerve(Economist 2009/07/16)

 要するに、アフガニスタンでの戦争はコストがかかっているが、撤退のコストはそれを上回るので、もっと陸軍の兵隊を十分に配置、増員しろっていう主張です。経済誌が戦争に肯定的っていうのが新鮮に感じました(笑) そして、この記事を読んで頭に浮かんだのは、「兵力の逐次投入は愚策」という兵法の基本です。戦争をするならケチらずに最大限の兵力をもってパッとやってさっさと終わらせて帰る。これが一番。ベトナム戦争みたいに兵力を小出しにしてダラダラやるのは結局損することになります。イラク戦争でも戦闘自体は上手くやったのですが、戦闘終了後の統治で兵力をケチって痛い目を見ました。でもたいてい政治的な制約があって兵力の集中投入ができないんでしょうねぇ。

 ちなみに、非国家アクターとの武力紛争を戦争(基本的に国家VS国家を指す)と言っていいのかは微妙ですが、やっていることは変わらないのでここでは戦争という単語を使っておきます。

 追記:イギリス陸軍のHPで知ったのですが参照、イギリス陸軍にはQueen's Dragoon Guards(女王近衛竜騎兵)、Royal Scots Dragoon Guards(王立スコットランド近衛竜騎兵)、Royal Dragoon Guards(王立近衛竜騎兵)などの連隊があるんですね。竜騎兵って何かファンタジーっぽい(笑)
[ 2009/08/13 10:57 ] テロ問題・テロとの戦い | TB(0) | CM(2)

逐次投入が一番ムダっていう
[ 2009/08/28 21:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ですよねー
[ 2009/09/02 19:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/143-6a20ea42







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。