スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本外交の大失態、北朝鮮の代理人、パンドラの箱 

 今回は青山繁晴氏が関西ローカル番組「スーパーニュースアンカー」で言っていた話を紹介したいと思う。

 この動画を見てもらったらいいんだけど、一応要約しておく。

 ASEAN地域フォーラム(ARF)でローゼン閣下は議長声明に「北朝鮮による拉致問題という重大な懸念がある」ってことを入れてくれと言った。でも、なかなか認めてもらえないから、じゃあ拉致の言葉は外すけど、「北朝鮮による重大な懸念が国際社会にある」、北朝鮮という言葉だけは残してくれと言った。それでまとまりそうになったところで、北朝鮮の朴外務大臣が突然、米国下院の慰安婦決議を持ち出した。議長は公平にする(両方入れる)ために、「北朝鮮による」という言葉を外して、「国際社会が懸念する重大な懸念」って言葉にした。日本はその議長声明を日本が受け入れた。つまり日本はここで拉致と慰安婦は同等だと認めたことになるということ。このことを青山氏は日本外交の大失態だとしている。


 また、青山氏が言うには、北朝鮮では全然実権がないこの朴ごときがここまでできたというのは、後ろにアメリカのヒル国務次官補がいたからだそうだ。そもそもこの会議は外務大臣が集まるもので彼が行くような会議じゃない。けどライス国務長官もブッシュ大統領ももはや北朝鮮、アジアに関心があるんじゃなくて、イラクを含む中東にだけ関心があるから、この時ライス国務長官はマニラには来なくて、中東に行ってた。だから彼がまたやって来て、朴と議長声明の前に会談を1時間やって、双方ともご機嫌で出てきた。その時の話の中身は公表されてないけど、とにかくその話をしてから議長声明のとりまとめに行ったから、実際は彼がこの件にも関わってていると考えるのが自然だということ。

 青山氏はヒルのことを北朝鮮の代理人だと思っているんだけど、その理由は上の話に加えて、ラプターの対日輸出禁止にも彼が関わっていたからだそうだ。どういうことかと言うと、彼が「日本がラプターを持ったら、北朝鮮や韓国や中国が心配するから、これは売ってはいけない」と発言して、実際その発言の後に、アメリカの下院でこれは少なくとも1年間は売らないことになってしまったということだ。

 幸か不幸か、これが日本のパンドラの箱を開くことになるかもしれない。つまり戦闘機の自主開発のことだが、日本はもともと零戦作った国だから、もし日本が他の電気製品とかに注ぎ込んでる技術力を、軍事の世界に出していくと、アメリカも中国も韓国も北朝鮮も、どこの国も怖がるようなものができてしまうということだ。

 アメリカはラプターを売らないって言ってるんだから、日本が自前で作ることをアメリカが許可したのと同じだという声が必ず出る。「じゃあ作りましょうか」と言うだけで、十分外交のカードになる「作りましょうか」という姿勢を見せることが大事で、それが外交力で、戦闘機を持つのは戦争するためじゃなく外交のバックグランドとして力をつけることを言うのだから、いつまでも外国のものを買ってるんじゃなくて日本で自前でやるっていう姿勢を見せよう、と青山氏は言う。

 全く青山氏の言う通りで、戦闘機の自主開発を外交のカードにすることは重要だ。そして実際そのような自主開発の動きもあるのだ。

 防衛省は十日、来年度防衛費の概算要求で最先端の国産戦闘機技術を結集し、テスト飛行を行う「先進技術実証機」を開発することを決めた。レーダーに映りにくいステルス性と高運動性を併せ持ち、エンジンも国産を使用、五年以内の初飛行を目指す。

引用元 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007081102040281.html


 ちなみに外務省のHPにはまだ今回の議長声明は載ってなかった。
http://www-mofa.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_aso/asean_07/arf_kk.html
[ 2007/08/16 23:02 ] 日本の安全保障 | TB(0) | CM(5)

 これを機会に自主開発が進むといいね。なんでもかんでも依存すると弱みを見せることになるからね。
 だからイギリスは兵器の自主開発にこだわってるんだと思うんだけど。
 是非とも現代の「冷戦」を作って欲しいものです。
[ 2007/08/17 04:56 ] [ 編集 ]

今とは常識の違う過去を今の常識で批判されても困ります。
作りましょ~、作りましょ~、さてさて何が出来るかな?
僕のアホな頭で役に立つのであれば喜んで協力いたします。
技術者倫理?
そんなものは自分の身を守ってから言うことだ!


零戦も良いけど僕は飛龍や銀河の様な双発機が好きです。



日本という国は何故自ら有利なカードを捨てて自らを追い込むのか?

[ 2007/08/17 10:23 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>モーリスさん
平成の零戦は是非見たいですね

>ケンプファーさん
核にしても持たないと名言することほど馬鹿なことはないと思いますね

でも日本が本当は核を持っていると思っている外国人は結構いるらしいです
[ 2007/08/17 14:24 ] [ 編集 ]

おお、それは好都合ですね。
[ 2007/08/17 16:55 ] [ 編集 ]

あやふやな態度取るのが一番有効ということでしょうか

コストもかからないしw
[ 2007/08/18 01:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/14-dd9a03b2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。