スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

理論と政策、学者と実務家 

President Obama has appointed some distinguished academic economists and lawyers to his administration, but few high-ranking political scientists have been named.


The fault for this growing gap lies not with the government but with the academics.

Scholars are paying less attention to questions about how their work relates to the policy world, and in many departments a focus on policy can hurt one's career.

引用元:Scholars on the Sidelines(Washington Post 2009/04/13)


 アメリカでは学者が実務に携わることが多いと思っていたけど、それほどでもないのかな?学者と実務の隔たりの原因は、ジョセフ・ナイが言うには、政府よりむしろ学者にあるらしい。本当かな?政策志向の学者はいくらでもいると思うんだけどなぁ。

 ともかく学者も実務(現実)を知るべきだし、実務家も政策の論理的根拠となる理論を知るべきだから、両者は互いの世界を行き来するべきだと思う。そしてそういう制度を確立させないといけないと思う。
[ 2009/04/22 21:35 ] その他 | TB(0) | CM(2)

ナイといえば

日本のマスコミにはネオコン扱いされていましたな…┐(´~`)┌
さて、オバマ政権でどのような外交展開が図られるのか
私個人としてはクリントン政権の比較的消極的な軍事力の行使が、今のテロリスト組織を育んだ、とも考えているのですが
もっともブッシュが戦争を世界に拡大した、というマスコミの言い分のように絶対悪とは言いませんけど、もう少し巧くやってくれていれば、と
恐らく北朝鮮の核の問題なども、軍事力の行使は無さそうですしね…ブッシュもやる気はなかったようですが、今の経済状況だと益々無理でしょうし
このまま放っておけば確実に核保有国になりそうで
北朝鮮について分析している米学者もいた筈ですが、アメリカに有利には事を運べていませんね…
まあ、中曽根政権からの貿易不均衡も目に見えての成果は得られてなかったような…アメリカ
牛肉も狂牛病以降…
“遺伝子組み換えでない”農作物は厳しいようですが

農政についても学者がいたような…食糧自給率とか、国内消費物の輸入比率とか広い意味では安全保障のような気がしますね
[ 2009/05/02 02:35 ] [ 編集 ]

ナイがネオコン扱い?
マジですか?
ソフトパワー、スマートパワーを推奨してむしろネオコン批判をしている人なのに^^;

食料の話は「人間の安全保障」のカテゴリーに入るのでしょうね。
自分は軍事と関係ない脅威は「安全保障」に入れずに別の分野で議論するべき問題だと思っていますが。
[ 2009/05/03 01:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/137-c7021f63







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。