スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミサイル防衛に抑止力はない 

BMDS.jpg

 今回はミサイル防衛について簡単に書きます。言いたいことは以下の3点ですが、(1)だけ下で少し補足します。

(1)「ならず者国家には懲罰的抑止が効かないが拒否的抑止は効く」は矛盾
(2)MDは迎撃率が100%ではないので、拒否的抑止力はない
(テロ組織にとっては費用対効果が大きいため)
(3)MDに拒否的抑止力はないが、損害限定(被害を小さくすること)の手段として必要
(実際に撃たれたミサイルを防ぐ手段が他にないため)

 片や導入賛成派は、ほかに弾道ミサイルから国民を守る手段がないなか、「MD導入により、『拒否的抑止』を行使できる意義は大きい」(自衛隊幹部)と主張する。これは、日米両国の安全保障当局者の間で定着した考え方だ。

 拒否的抑止とは何か。日本にはMDという防御能力があるため、「ミサイル攻撃を仕掛けても無駄」と敵国に認識させ、攻撃を思いとどまらせることを指す。仮に、迎撃ミサイルが100%当たる保証がなくても、MDを導入すること自体が抑止力になるわけだ。

 たとえば、金正日総書記が日本に着弾するよう、ノドン発射を検討したとしよう。天秤にかけるのは、日本に与えることのできる損害と、日米両国からの反撃や国際社会からの非難だ。

 そしてもうひとつ、MDで迎撃されるリスクも考慮しなければならない。そのとき、迎撃され、ダメージを与えることに失敗しても、国際社会から袋だたきにあうことや、反撃のリスクがあるのも同じとの結論に行き着く。であれば、「発射は止めよう」となる。

 これが拒否的抑止の威力であり、説得力がある。

引用元:【日本の議論】座して“テポドン”を待つのか? 日本のミサイル防衛(産経新聞 2009/01/25)

 この記事のように、MD賛成派は「ならず者国家は合理的でないから懲罰的抑止が効かない→拒否的抑止が必要」というのを論拠にしているのですが、これっておかしくないですか?懲罰的抑止とは「攻撃したらただじゃおかないぞ」っていう脅しで相手を思い留まらせることです。この抑止が効かないということは、その国は自滅覚悟で攻撃してくるということです。そのような国が「ミサイル攻撃を仕掛けても無駄だからやめておこう」と考えるのですか?テロ組織には自爆攻撃は成功すれば意味がありますが、ならず者国家には利益はありません。つまりならず者国家が攻撃をしかけてくるという場合、損得勘定ができていない(あるいは度外視している)ということになるはずです。「無駄だからやめておこう」なんて考えるわけはありません。「損得勘定ができないから懲罰的抑止が効かない」と想定しているのに、「損得勘定ができるから拒否的抑止が効く」と想定している。矛盾でしょ?上の記事では、ならず者国家がおもいっきり損得勘定していますが(笑)、それなら安上がりで確実な懲罰的抑止で十分です。

 ちなみに、これについてはトーマス・フリードマンが何年も前に同じことを言っています。

I get it! The Bush Doctrine says that rogue states are so crazy that they would launch a missile at us, even knowing that it would mean their certain destruction in return. But if we build a scarecrow missile shield that doesn't fully work, these rogue states are so rational that they would never launch one of their missiles against it, because they would realize that there was a chance it might not penetrate. In short, our perfect missiles that will destroy any rogue state with 100 percent accuracy won't deter them, but our imperfect missile shield, which may have as many holes as a Swiss cheese, will deter them. I get it!

引用元:Foreign Affairs; Who's Crazy Here? (New York Times 2001/05/15)

[ 2009/02/02 00:54 ] 抑止・ミサイル防衛 | TB(0) | CM(4)

ええと、つまり主さんは何が言いたいのかよく分からないのですが・・・。
「MDはムダ」ってことですか?
だとしたら代替案はやはり核武装、ってことでOKでしょうか?
[ 2009/03/12 20:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

すみません、わかりづらかったですか?

言いたかったことは、MDは抑止が効かない相手に対する防衛手段として必要なんですが、抑止力(撃つのをやめさせる効果)は期待できないということです。

MD配備を進めるのはいいんですけど、抑止力を目的とすることに対して反論したかったのです。
[ 2009/03/16 16:29 ] [ 編集 ]

引用させていただきました

下の記事で、この記事を引用させていただきました。

《弾道ミサイル防衛は「拒否的抑止力」を持つのか…米国との関係、きちんと検討を》
  http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20090408/1239158832
[ 2009/04/08 15:57 ] [ 編集 ]

拝見させてもらいました。
同じ意見の人がいてくれて嬉しいです(笑)
[ 2009/04/10 01:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/135-4fdb0e98







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。