スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オバマ新大統領誕生 

GunShop
テキサス州フォートワースの銃器店で顧客の質問に答える店員
銃規制に前向きなオバマが大統領に選ばれたため、駆け込み購入により銃の売り上げが大幅に増加している
(写真:AP Photo by LM Otero)

 またもや前回の更新から3週間も経ってしまいました。実は途中まで書いて下書き保存している記事が2つあるんですが、今回はそれはおいておいてやっぱりオバマについて少しコメントしておこうかなと思います。
アメリカの大統領が演説で真珠湾を引き合いに出して国民の団結を呼びかけるのはよくあることなんですが、日本人としてはあまり気持ちがいいものではありませんね。今回はパールハーバーという言葉は避けていますが、文脈から真珠湾のことだと分かります。アメリカが完全に被害者ってわけでもないだろうに・・・

When the bombs fell on our harbor and tyranny threatened the world, she was there to witness a generation rise to greatness, and a democracy was saved. Yes, we can.

この国の湾に爆弾が落下し、独裁が世界を支配しようとしたとき、時の国民が立ち上がり、偉業を達成し、そして民主主義を救うのをクーパーさんは見ていました。Yes we can。私たちにはできるのです。

引用元:
オバマ次期大統領の勝利演説 英語全文 <特集・米大統領選>
「アメリカに変化がやってきた」 オバマ次期米大統領の勝利演説・全文翻訳 <特集・米大統領選>(gooニュース 2008/11/05)


CHANGE オバマ氏勝利宣言演説 (同時通訳)1/2

CHANGE オバマ氏勝利宣言演説 (同時通訳)2/2

 それはさておき、下の記事とは反対に、アメリカとイスラム教国との関係が悪化しないかということが気になっています。

中東では、これまでの米大統領の考え方は皆同じでイスラエルを一方的に擁護し続けるため、イスラエル―パレスチナ紛争やガザ地区の混乱が収束しない状態にあるとの考え方が強くあったが、黒人のオバマ大統領が新大統領に就任することで、これまで反米感情の強かった中東諸国において、米国との関係が改善し、新たな時代が訪れるとの期待が高まっている。

引用元:中東諸国、オバマ新大統領に期待(IBTimes 2008/11/07)

 オバマの父はイスラム教徒らしいんですが、イスラム教ではイスラム教徒の子供は生まれつきイスラム教徒らしいです。ということは現在プロテスタントであるオバマは棄教者ということなります。イスラム教では棄教者は基本的に死刑らしいです。このことがイスラム過激派の怒りを買ってテロが激しくならないか心配です。そして考え過ぎかもしれませんが、オバマが自分がイスラム教徒だという噂を払拭するために反イスラム的な政策を行い、それもまたテロを激しくしたりイスラム教国との関係を悪化させたりしないかも少し心配です。以前書いたように参照、オバマはイスラエル寄りっぽいですし。

 それとは関係ないでしょうが、早速こんな声明が送られてますね。とりあえず経済問題にしろ外交にしろ前途多難なのは間違いないでしょう。

同じスンニ派の過激派「ムジャヒディン軍」も声明を発表し、オバマ氏に対しイラク駐留米軍の撤退を要求した。応じなければ、「前任者が経験した以上の悪夢に直面することになる」とも警告した。

引用元:オバマ氏にイラク駐留米軍の撤退要求、アルカイダ系過激派(CNN.co.jp 2008/11/08)

[ 2008/11/09 22:51 ] アメリカ | TB(1) | CM(2)

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。
オバマの勝利演説、いつもながらきちんと構成され、国民に効果的に訴える計算がされていると感じていますが、勝利演説も当然、そうでした。

しかし、our harbor まで、気づきませんでした。それに父親がイスラム教徒とは、ということは母親もイスラム教徒ということですね。
全く知りませんでした。

ご指摘ありがとうございます。
それに、日本のことを tyrannyと表現したとは・・
本当に気持ちがいいものではありません。
暗に支持者に反日を吹き込みみたいじゃありませんか。

日本人もオバマ、オバマ、と憔悴しているようですが、彼の対日政策は決して日本にとって、楽観できないものがあります。日本人、そこまで考えてオバマ、オバマと言っているのかと言いたくなります。特に、小浜市。オバマ饅頭まで作って・・

アメリカの傘下にいるから安心、などといっている場合でない状況が読めない日本と、愛国心がなく個に走る日本を実感した今回の選挙でした。



[ 2008/11/10 00:39 ] [ 編集 ]

お久しぶりです

>父親がイスラム教徒とは、ということは母親もイスラム教徒ということですね。
いえ、母親はカンザス出身の白人でイスラム教徒ではなかったと思います。

>彼の対日政策は決して日本にとって、楽観できないものがあります。
オバマはアメリカの対日政策は超党派のものだから基本路線は変わらないと言っていますが、日本としては多かれ少なかれブッシュ政権よりはやりにくくなると思いますね。
[ 2008/11/13 12:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/126-b5d99ad0


国際情勢分析会(Council for Analysis of International Affairs)

国際情勢分析会のご紹介。
[2008/11/12 00:35] URL 無名天地





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。