スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民主主義について 

Gripen.jpgグリペンDemo(写真:SAAB公式HP)

 実はこの記事も1年以上前に途中まで書いて放置していた記事だ。銀英伝とか小説の影響でたまに政治体制について考えることがあるんだけど、そのことについて。以前ブログでヤンとラインハルトの会談(「民主共和制とは、人民が自由意志によって自分たち自身の制度と精神をおとしめる政体のことか」などのセリフ)を引用したけど、別の小説(※画像が関係あり)でも似たようなやり取りがあった。内戦が起ころうとしている日本でのある政治家とその息子の会話。「国(国民)が間違った方向に行こうとしているのを正すのが政治家じゃないのか」と詰め寄る息子に、父が「政治家は国民の代弁者であり、国民が望むことをするだけだ。それが民主主義だ」と反論する(※セリフは分かりやすいように変えている)。つまり「国民が望む政治」≠「いい政治」ということ。
 フィクションなんだけど、こういうのを読むと民主主義って何なんだろうなってちょっと考えてしまう。鉄人政治がベストなんだろうけど、常に名君が存在する保証がないから、多くの国が次善の政治体制として衆愚制と紙一重の民主制を採っている。じゃあ民主制を衆愚制にしないためにはどうしたらいいんだろうか。このことを考えていたら結局当たり前のことしか頭に浮かばなかった。この政体は偏に国民の質にかかっていると思う。国民の意見が反映される政治形態なので国民の質が高ければ当然いい政治が行われ、逆もしかり。だから国の政策としては教育に最も力を入れるべきなんじゃないだろうか。

 だいぶ前にあるテレビ番組で知ったんだけど、社会主義国であるキューバはおもいっきり教育や医療に力を入れている。キューバでは教育費が無料で、一人当たりの教師数が世界一多く、PCなど機材も充実している(参照)。社会主義国でもこれだけ教育に力を入れているのだから、予算は限られているけど、日本も可能な限り効果的な教育政策を行わないといけないと思う。楽観的かもしれないけど、教育に重点的にコストをかけることは相対的に他の政策に割り当てられるコストが減ることになるけど、長期的には他の政策も効果的に行われることになるんじゃないのかな。
[ 2009/07/29 00:36 ] 国内問題 | TB(1) | CM(3)

好き嫌い

これくらいのペースの方が読み残しが無くて助かるのですがwww

最近某巨大掲示板で陰謀論者と、こちらはニュースソースを色々探しながら議論していたのですが、陰謀論が嫌いになりましたw

知人の陰謀論者にそれを話したら、そいつがどうかしてるだけだろシオンの議定書貸してやるから読めとか言われたんですが、前回のエントリのことを考えるとユニットレベルの考えの違いなのかもしれませんね。

議論相手→多くの人自分の身の安全を考えているが、この世を支配する組織が紛争を望んでる。国家を超える組織はみんなその組織の玩具。どんな体制でも国家に任せるのが一番

僕→多くの立場の人がたくさんおり、それぞれに関心、欲望がある。平和のために作られた組織もあり、それぞれが考える平和を実現しようとしているが、今のところ実現していない。全ての人が全ての事を知って公平に判断することは出来ないが、それでも民主主義が一番。

でも民主主義もふと考えちゃうんですよね。バカな人はいてもそれを政治から排除しちゃうと、バカじゃない人に全てを任せる間接民主制で結局今の間接民主制と変わんないじゃんて事になりますし。

人間は進歩してきたのか―現代文明論 上 「西欧近代」再考 佐伯啓思著によるとルソーも
『「民主制もしくは人民政治ほど内乱・内紛の起こりやすい政治形態はない・というのは、民主制ほど烈しくしかも絶えず政体が変わりやすいものは無く、その存続に、警戒と勇気が要求されるものは無いからである」(第三篇第四章)』『もし神々からなる人民があれば、その人民は民主制をとるであろう』p131と主張していたそうですね。

取りとめもなくてすみません。
[ 2009/07/30 01:53 ] [ 編集 ]

お久しぶり~。

民主主義考にも教育に力を入れるべきってのも同意。

もっともなんだけどちょっちキューバ云々はどーかな?
なぜか日本のテレビはそーゆー社会主義的なんマンセーなんで。実態はいろいろひどかったりするんすよ。

日本の医療は世界一なんだけどね。崩壊すんの確定なんであと数年持てば御の字かなぁ。
崩壊はもはや止められないけど、なんとかすばやく再建するためにも教育にも医療にも力入れるべきですねぇ。

みんな!!オラに予算を!!!
[ 2009/07/30 18:46 ] [ 編集 ]

>>navi-area26-10さん
自分も陰謀論は好きではありません
お話としては面白い場合もありますがね^^;

>バカな人はいてもそれを政治から排除しちゃうと、バカじゃない人に全てを任せる間接民主制で結局今の間接民主制と変わんない

一応任せる人の選び方や任せた人をやめさせたりできるかどうかで違ってくるんじゃないでしょうか
寡頭政治と間接民主政治ではやっぱり結果は変わってくるかと

>>D-10415さん
何事もいいとこだけ見習えばいいんですよw

確かに医療はヤバそうですねぇ
[ 2009/08/03 21:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/125-62e5f9ef


パンが無ければうまい棒を食べればいいじゃない

衆愚政治で痛い目を見るのは、他ならぬ国民なわけで……。 庶民様は民主党の逆噴射政策で不況の影響をモロに受ける、まさに因果応報。
[2009/07/29 22:51] URL 無名天地





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。