スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テロリストになるのは貧しい人ではなく裕福な人/世論は外交の邪魔? 

 今回も最近読んだ本について簡単に書こうと思うけど、その前に数日前本屋で『テロの経済学』という本を見つけた。パラパラとちょっと見ただけど、以前このブログでも書いたように(参照)、やっぱり貧困がテロを生むわけじゃなくて、統計データによると、ある程度経済的に豊かな人がテロリストになるらしいよ。

実証データから明らかになったテロに関する事実

その(1):
テロリストは十分教育を受けており、裕福な家庭の出である傾向がある。
その(2):
社会で最高の教育を受けている人や高所得の職業に就いている人のほうが、社会的に最も恵まれない人たちよりも過激な意見を持ち、かつテロリズムを支持する傾向がある。
その(3):
国際テロリストは貧しい国よりも中所得国の出身である傾向が強い。
その(4):
市民的自由と政治的権利が抑圧されているとテロに走りやすい。


 さと今回取り上げるのは、鮫女史の『中国危うい超大国』という本。内容を簡単に書くと、新興強国が台頭する時は戦争になるのが通例であり、今の中国も指導者が国民の支持を得るために過激なナショナリズムに流されて攻撃的な対外行動をとる可能性が高い。戦争を避けるためには、中国の危うさを理解して協調的に振舞うように上手く誘導しないといけないっていう話。

 中国共産党(指導者)は外国と敵対したくないと思っていても、政権基盤が脆いから国民の支持を得るために世論(愛国主義教育によって高まった過激なナショナリズム)に追従してしまう恐れがある。天安門事件では共産党支配が崩壊寸前までいったように、党ひいては国家の存亡が懸かっているから、ある部分では中国は民主主義国家より世論の圧力(影響力)が強いと言えるかも。

 これって要は世論が外交の足を引っ張っているってことだよね?実際世論があまり関心を持たない問題についてはお互い譲歩もしやすくて、交渉が上手くいくことが多いらしいし。まぁだからって今更秘密外交に戻すのは無理だし、戻した方がいいとも言えないだろうけど。でも、民主主義がいつでもいい結果をもたらすとは限らないっていうのは確かだよね。

民主化すれば世論が外交に参入することになるから、対外的偏見を世論が持っていれば民主化後の政権はそれまで以上に対外的偏見を表明することになるだろう。――中略――民主化の進展も、短期的には国際危機を助長する危険がある。

引用元:大芝・山田・藤原(編集)『平和政策』、28ページ

 とはいうものの、過激なナショナリズムが情報統制による偏った情報と教育によるものだとすれば、民主化して幅広い情報に接したら世論は穏健になるのかな?

 ともかく、中国のナショナリズムを抑えるのはかなり大変だ。中国の指導者に同情したくなる^^;日本の安全におもいっきり関わってくるから彼らには頑張ってもらいたい。なお、鮫女史やキッシンジャー曰く、民主化要求など中国の内政への口出しは反発を招き、ナショナリズムを高めるだけだからしない方がいいとのこと。
[ 2008/08/21 23:31 ] ロシア・中国 | TB(0) | CM(6)

 久しぶりにコメさせて頂きます。すっかり涼しく成っちゃいましたね^^。

>テロ
確かに、テロリストになるのは裕福な人が多いのかも知れないですね。例えば、レーニンやトロツキーも中産階級の出自ですし、毛沢東、カストロでさえも裕福な家で育ち、なおかつ高度な教育も受けてますしね。貧しい出がなるのは、実行部隊(自爆テロなど)の方にまわされるのではないでしょうか?

 むしろ、裕福な人はその学んだイデオロギーに心酔し、そのイデオロギーに死ぬというフェティシズムを実行し、己の権力欲をみたそうとしているのでは、とも思います。

 素直に考えれば、本当に経済的に苦しかったらテロという死があるかもしれないものよりも、明日生きるために働き、お金をえて、安定することを望むのではないかと思います。むしろそんな危険なものには近づくことを嫌悪するでしょうし。

長文失礼汗
[ 2008/08/22 03:13 ] [ 編集 ]

お久しぶりです。
なんか今年は涼しくなるのが早いですよね。
まだ8月なのに。

お金欲しさにテロする人ってそんなにいるのでしょうかね?
例えば一生働いて稼ぐお金よりテロして貰うお金の方がずっと高かったら、貧しい人が家族養うためにテロリストになるものなのでしょうかね?

やっぱり経済面よりイデオロギー面が強い気がします。
[ 2008/08/23 12:18 ] [ 編集 ]

国際政治タグについて

 はじめまして、私は「陽月秘話」というサイトをやっている花園祐です。

 実はヴォルフ少佐が使ってくれたこの「国際政治」というタグは私が作りました。当初は自分だけで使ってようかと考えていましたが、このように他の人にも使っていただき非常にうれしく思います。

 今後とも、機会があれば使ってやってください。
[ 2008/08/27 21:59 ] [ 編集 ]

はじめまして

>「国際政治」というタグは私が作りました
そうだったのですか。
ありがたく使わせていただいております。
[ 2008/09/03 00:04 ] [ 編集 ]

はじめまして。
はじめてコメントさせていただきます。

裕福な人がテロリストになる傾向が強いというのは初めて知りました。
しかし、よくよく考えると、チェ・ゲバラは富豪の倅だし(と言っても彼はテロリストではないが)、「彼らの持つAKや装備品類の資金が何処からでているのか」など、合点がいきました。

中国は少し前までは兵量だけが取り柄の、旧式装備の国としか考えておらず、気にしていませんでしたが最近、着実に最新装備を配置してることを頭に入れて考えたら、結構重大なんじゃないかと思えてきました。

長文スミマセン
[ 2008/09/11 01:46 ] [ 編集 ]

はじめまして。
コメントありがとうございます。

中台間の軍事バランスは、「量の中国、質の台湾」と言われていましたが、それはもう昔のことで、もうすぐ量・質共に中国が台湾より優位に立つらしいですね。そうなった中国が台湾に対してどう出るか。アメリカの介入を嫌ってこのまま強引な行動を慎んでくれたらいいのですが。
[ 2008/09/12 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolf66.blog106.fc2.com/tb.php/112-54438223







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。