スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

理論と政策、学者と実務家 

President Obama has appointed some distinguished academic economists and lawyers to his administration, but few high-ranking political scientists have been named.


The fault for this growing gap lies not with the government but with the academics.

Scholars are paying less attention to questions about how their work relates to the policy world, and in many departments a focus on policy can hurt one's career.

引用元:Scholars on the Sidelines(Washington Post 2009/04/13)


 アメリカでは学者が実務に携わることが多いと思っていたけど、それほどでもないのかな?学者と実務の隔たりの原因は、ジョセフ・ナイが言うには、政府よりむしろ学者にあるらしい。本当かな?政策志向の学者はいくらでもいると思うんだけどなぁ。

 ともかく学者も実務(現実)を知るべきだし、実務家も政策の論理的根拠となる理論を知るべきだから、両者は互いの世界を行き来するべきだと思う。そしてそういう制度を確立させないといけないと思う。
スポンサーサイト
[ 2009/04/22 21:35 ] その他 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。