スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

戦略文化の変化 


2007年5月13日、ISAF支援のために派遣される前のドイツ空軍トーネード戦闘機
ドイツ空軍のトーネードはNATOのユーゴ空爆に参加した機体でもある
(写真:Getty Images/Sean Gallup)


 期末試験期間中でなかなかブログの更新ができていないが、余裕が全くないにもかかわらず気分転換にゼミのレポートの内容に関係することについてちょっとだけ書こうと思う。 

 「戦略文化」って何なのか一言で言うと、コリン・グレイによれば「modes of thought and action with respect to force(軍事力に関する考え方と行動の様式)」参照である。

 ちなみに、国際関係や安全保障を勉強している人にもあんまり(ほとんど?)知られてない戦略文化という言葉、『国際政治事典』(545ページ)には載ってたりする( ^ω^)
 
 あと、防衛大では「戦略文化論」という科目がある参照。羨ましいな。
スポンサーサイト
[ 2008/01/29 03:33 ] 国際関係理論 | TB(0) | CM(9)

安全保障はクジラ保護に優先 


シーウルフ級原子力潜水艦(写真:米海軍)


 環境保護団体に困っているのは日本だけじゃないみたいで、アメリカもなかなか苦労させられているみたいです。実際環境保護団体は結構脅威ですよ。米海軍のソナー(音波探知機)が発信する中域帯周波数が海洋ほ乳類に致命的となりかねない害を与えているとして環境保護団体がその使用の禁止を求め、ロサンゼルス連邦地裁はカリフォルニア州沖で軍事演習を行う米海軍に対しソナーの使用を制限する判決を出していますからね。
 ロシアと中国に同じ判決を出させたら日本も捕鯨やめてやってもいいなと思います(笑)まぁ良くも悪くも自由の国だからできることであって、ロシアや中国で同じことやったら命に関わりそうですな^^;
[ 2008/01/24 21:49 ] アメリカ | TB(0) | CM(6)

中国の軍事戦略思想 


2008年1月15日、中国人民解放軍軍事科学院で会談する
キーティング米太平洋軍司令官と軍事科学院院長の劉成軍空軍中将
(写真:Getty Images)


 『年報戦略研究4「戦略文化」』の元陸将補の人が書いた中国の軍事戦略・思想に関する論文によると、中国の軍事思想は孫子や毛沢東の思想を色濃く受け継いでいて、「戦わずして勝つ」ために武力行使よりも謀略、情報戦、心理戦を好むという。また、経済建設によって、人民戦争の「敵を奥深く引き込み持久戦で殲滅する」という戦術ではなく、国境で食い止めることが必要になったが、今も中国の軍事戦略には、まず敵に攻められてから反撃する「後発制人」という防御的な思想が残っている(現代条件下の人民戦争・積極防御戦略)とのこと。
 これを鵜呑みにすれば、中国はスパイ活動文太さんのブログ参照)やロビー活動は熱心でも、軍事侵攻はしてこないと信じていいということだろうか?まぁいずれにせよ、日本も情報戦を頑張らないといけないのは変わらない。ってか、日本にも軍事科学院(Academy of Military Science)みたいなのがほしいなと思った今日この頃。
[ 2008/01/19 16:29 ] ロシア・中国 | TB(1) | CM(14)

セヴァストポリ基地(ロシア黒海艦隊の基地)の撤収要求 


 前回米政府がパキスタンで特殊部隊による秘密作戦を検討しているというニュースを紹介したけど、モガディシュの戦闘の例もあるし、やっぱり実行だけでなく、やるという決定を出すのも難しいんじゃないかなと思う今日この頃。まぁ核保有国の不安定化は米国にとっても直接の脅威なので、本気でやばくなったら躊躇わないかもしれないけど。上の番組はオススメ。興味のある人は見るべし。

 ちなみに、ニューズウィークにムシャラフへのインタビューが載ってた。「情報活動には全面的に協力するが、米軍の軍事作戦には全面的に反対する」とのこと。まぁ当然だわな^^;
[ 2008/01/14 23:30 ] ロシア・中国 | TB(0) | CM(7)

米政府がパキスタンで秘密軍事作戦検討/米の旅客機に対ミサイル装置を試験搭載 

 2008年も世界は相変わらず混沌としている。外務省のHPには「東アフリカにおける重要な安定勢力」と書かれているケニアも今とても荒れちゃっているし。

 そういえば、アフリカに関係する話題で、今週の国際政治の講義で少し面白いことを聞いた。アフリカのエネルギー資源確保に向けて中国が積極的にアプローチしていて、日本もかなり出遅れつつもそれに対抗しようとしているというのは周知のことだけど、日本がODAとして政府にお金を渡すのに対し、中国は直接政治家にお金を渡すって話。道徳的には褒められたもんじゃないけど、外交にはそれくらいのしたたかさが必要かも?^^;

【関連記事】
ケニア暴動、死者600人に、事態沈静化に向けた直接会談も(AFP 2007/01/08)
高村外相がケニア情勢を憂慮、20万ドルの人道支援を表明(読売新聞 2007/01/05)
[ 2008/01/10 00:57 ] アメリカ | TB(1) | CM(4)

新年一般参賀、天皇は皇帝? 


2008年1月2日、警察官に会場までエスコートされる新年一般参賀の参賀者(写真:Getty Images)

 
 前回の更新から1週間も経ってしまったけど、予告通り新年一般参賀の写真を。右翼の人達なのかな?旗(錦の御旗?)とか持った人達気合入り過ぎだお( ^ω^)新年一般参賀には8万人近く集まったらしいけど、やっぱなんだかんだいって日本人は天皇スキーなんだな。今の立憲君主制と共和制の中間みたいな体制が日本人の性に合ってるんじゃないかな。漫画とかの影響もあるだろうけど、俺も何となく君主かっけ~とか思っちゃたりするしね。いい言葉が見つからないけど、大統領や首相とは違った何かを感じる。
[ 2008/01/08 02:29 ] 国内問題 | TB(0) | CM(12)

HAPPY NEW YEAR! 


日の出をバックにする米原子力空母セオドア・ルーズベルト上のF/A-18ホーネット
(写真:米海軍/Photographer’s Mate 2nd Class Jeremy Hall)


あけましておめでとうございます
本年も当ブログをよろしくお願いします


 一発目の画像がアメリカのものっていうのもどうかと思ったのですが、画的にいいなと思ったので。保守や右よりの人ごめんなさい、日本の写真は次回貼ります。明治神宮の初詣の写真は見つけましたが、新年一般参賀の写真が使いたかったのでw 今回のギャラリーは新年の花火特集です。元日は世界中で花火が打ち上げられ、どれもとても綺麗です。

 最近は余裕がなくて、あまりニュースを深く取り上げられないので、内容の薄さを画像でカバー・・・できていませんよねorz ぶっちゃけ自己満足です。自分では画像選びのセンスがいいと自画自賛しています( ´∀`)
[ 2008/01/01 14:48 ] その他 | TB(1) | CM(12)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。