スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プレステが軍事利用される? 

PS3.jpg
米空軍研究所内でクラスタ化された336台のPS3(写真:Air Force Times)

 忙しくてブログを更新する余裕がありません><
今回も例の如く手抜き更新です。1ヶ月くらい前に見つけた記事を今頃取り上げます。

 よく分らないのですが『空軍タイムズ』によると、米空軍がスペシャルプロジェクトのために使用する大規模なコンピューティングクラスタを大量のPS3で作るらしいです参照

 また、英海軍はPSPを航海中の水兵の勉強のために使おうと考えているようです参照

 兵器として使うかどうかはともかくとして、今はゲーム機が軍で使われる時代なんですねぇ(^д^;)
スポンサーサイト
[ 2009/12/25 04:35 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(0)

けちなアメリカと大胆な中国? 

J-10.jpg2009年9月2日、中航工業のオフィスビルの前に配置された「J-10」(写真:Getty Images)

 アメリカが「F-22」の輸出を禁止し、「F-35」のソースコードも共同出資国に公開しない一方参照、中国はパキスタンと多用途戦闘機「JF-17」を共同開発・生産したり参照、新型戦闘機「J-10」の輸出を交渉したりと参照、徐々に戦闘機の輸出を拡大させている。アメリカ製の性能がいくらよくてもあまりけちけちし過ぎると、各国にそっぽ向かれることになるのではないだろうか。性能がだいぶ高くなってきた上に価格も安い中国製の戦闘機が今後世界で普及しそうだ。
[ 2009/11/26 02:32 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(0)

脱メルカトル症候群 

2008年2月20日、制御不能となった偵察衛星を破壊するため
米海軍のイージス巡洋艦レイク・エリーから発射されるSM-3(写真:米海軍)


 リアルコロニー落としならぬリアル衛星落としかぁと思っていた例のミサイルによる偵察衛星破壊が成功したようだ。
[ 2008/02/21 22:32 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(11)

クラスター爆弾禁止会議開幕 


クラスター爆弾禁止を目指すウィーン会議の様子(写真:AFP PHOTO/Samuel Kubani)


 現在オーストリアでクラスター爆弾参照の禁止を目指す国際会議が開催中である。地雷を禁止したオタワ条約のように、条約締結国はもちろんのこと、条約未締結の国にも使用すれば非難されるという道徳的なプレッシャーを与え、クラスター爆弾を使いづらくさせることがねらいである。それにしても、この前は国際機構(地域機構)の影響力が拡大していると書いたけど、同様にNGOの影響力もどんどん大きくなっているよなぁ、特に軍縮分野は。

They say it would stigmatise the weapons and put moral pressure on countries which do not sign up not to use them, as the Ottawa treaty outlawing the use of anti-personnel landmines has done.

引用元:Pledge to seek cluster bomb ban(BBC NEWS 2007/11/23)

The Cluster Munition Coalition, a London-based group, argues that even if not all countries sign up to the pact, a treaty banning cluster munitions would stigmatize the use of the weapons to such an extent that it would make it difficult to use them without a public backlash.

引用元:Victims call for complete ban of cluster bombs as conference opens in Austria(International Herald Tribune 2007/12/05)


【関連記事】
クラスター爆弾:ウィーン会議が開幕…禁止条約作り目指す(毎日新聞 2007/12/06)
[ 2007/12/06 01:16 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(4)

ラプターはやっぱり凄い? 

 今日もネットをしていたら軍事関係で面白いブログを見つけてしまった。政治ブログと言っておきながら半分軍事ブログになっているような気がする当ブログだけど、今日も軍事ネタ。ミリオタにツンデレの称号を授けられているラプコ(元ネタ)について(笑)。ちなみに、僕は一般人以上ミリオタ未満なのでしょぼい知識しか持っていませんし、真面目な話でもないのであしからず。
 では、2006年1月の記事なのでちょっと古い話だけど、ambushさんのこの記事を見てください。併せて国防総省の予算計画書「Program Budget Decision 720」も参照されたし。

F-22Aが配備される時に、その存在意義が薄れたF-117Aですが、その根拠となったのがステルス性の問題、すなわちRCS(Radar Cross Section/レーダー反射断面積)なのですが、専門家の間でも第一世代のステルス設計F-117Aと第三世代のステルス設計F-22Aは、議論が分かれるところだった。しかし今回のPBD720で、はっきりと結論がでましたね。
少なくとも国防総省は、F-22Aのステルス性を高く評価している事がうかがい知れます。F-22Aのステルス性能は、少なめに見てもF-117Aに匹敵する性能を発揮し、尚且つF-117Aを圧倒的に凌駕する空中機動力を持っており、そのアドバンテージは大きすぎる。同列に語るのはナンセンスかもしれない・・・。

 ご覧の通り、F-117やB-52などを退役させ、それで浮いたお金をF-22に回す件についてなんだけど、国防総省はラプターのステルス性能を高く評価しているとのこと。以前僕は「ステルス機開発競争」で、「ラプターよりナイトホークの方が役に立つ」という主張になるほどと思ったと言ったけど、「ステルス性能が同等で、空戦能力は段違い」というなら、ラプターの方がいいのかなと思い直した。・・・そしてその後、ある人のツッコミにより「戦闘行動半径」を失念していたことが発覚orz ナイトホークってめちゃ足短いんだな。

[ 2007/10/07 23:57 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(4)

シリア空爆のイスラエル機は米開発のシステム搭載? 

9月6日にシリアを空爆したイスラエル軍の戦闘機はシリアの探知システムをかく乱しレーダー網を突破したとみられると航空専門誌「Aviation Week」が報じた。

 同誌が米軍事関係者の話として伝えたところによると、レーダー網を突破したイスラエル軍の戦闘機F15とF16は、米国が開発したSuterと呼ばれるネットワーク攻撃システムを搭載していた可能性があるという。

 このシステムは、通信網に進入し、敵側のセンサーが感知している内容を知ることができる上、システム管理者としてセンサーが接近中の飛行機を感知しないよう操作することができる。

引用元:シリア空爆のイスラエル機は米開発のシステム搭載か 米誌報道(AFP 2007/10/06日)

 これは機体の形状・素材・塗料などでレーダーに写りにくくするんじゃなくて、レーダー(センサー)の方を狂わすってことか。( ´∀`)すげ~な~。今後のステルス機にはこれが搭載されるということかな?ラプターよりこっちの方が凄い気がするんだが・・・よく提供したな。仮にこれが事実ならやっぱり攻撃目標はそれなり(核関連)のものだったって証左じゃないのか?ロシアの防空システムを突破できるなら、特亜のもできるだろうし、日本にも欲しいなw

[ 2007/10/06 22:11 ] 軍事知識 | TB(1) | CM(6)

シリア防空システムをアップグレード 

Russia has sent technicians to upgrade Syria's air defense system, The Times reported Tuesday morning.

The British newspaper said that Moscow sent the team after Israel managed to foil Syria's air defenses using stealth technology, allowing Israeli jets to remain invisible during an IAF strike on September 6.

Foreign reports that have surfaced since the incident indicated that Israeli jets assisted by a unit of special operations ground troops bombed and totally destroyed a strategic site in eastern Syria built with North Korean help.

According to the Times report, the Israeli Air Force used a sophisticated electronic warfare system operated by F-15I jets and a fleet of specialist electronic warfare aircraft over the Mediterranean during the attack on a suspected nuclear facility near Dayr az-Zawr. They transmitted signals that jammed the Russian-made radar and the Syrian army's communications.

Syria has been veering from condemnation to denial since the alleged attack, and in the past few days has stuck to a strong denial of any nuclear activity and claimed that the IAF attack was aimed at a civilian agricultural research center.

The top-secret system used by Israel, the paper claimed, was being used for the first time. It is believed to have been designed in readiness for a possible attack on Iran's nuclear sites.

引用元:Report: Russia sent technicians to Syria(THE JERUSALEM POST 2007/10/02)

 イスラエルの新聞で、ロシアの技術者がシリアの防空システムをアップグレードしに行ったことが記事になっていた。タイムズがソースのようだけど、何故かその記事は見つけられなかった。
 この記事によると、シリア空爆の際は、F-15Iの高性能電子戦システムと電子戦専門航空機を使用して、ロシア製レーダーとシリア軍の通信をジャミング(電波妨害)することで、シリアの防空システムをかいくぐったらしい。また、そのイスラエルのシステムは今回初めて使用されたトップシークレットのものであり、イランの核サイトを攻撃できるために設計されていた信じられているとのこと。

【関連記事】
Report: Russia sent Syria experts to upgrade air defense(Haaretz 2007/10/02)

[ 2007/10/03 23:52 ] 軍事知識 | TB(1) | CM(2)

ステルス機開発競争 

 さて今回は予告通りステルス機について取り上げます。と言っても申し訳ないですけどこんなのがあるよという紹介程度です^^;僕は理系じゃないので残念ながら性能がどうこうという話はできませんので。でもたぶん“一般人以上軍事オタク未満の人”には興味を持ってもらえると思います。極一部のメディアがちょこっとだけ報道したような話なので、軍事オタク以外の人は知らない話だと思います。

[ 2007/09/04 17:35 ] 軍事知識 | TB(1) | CM(4)

劣化ウランはヤバくない? 

 この時期は戦争や原爆についての番組が多いけど、今日は劣化ウランについて軽く調べてみた。だけど、思っていたよりもかなりややこしいので結局よく分からなかったorz きちんとしたソースも出さないので話半分に読んでください。

 在日米国大使館のHPを見ると、次のように書いている。

世界保健機関(WHO)、国連環境計画(UNEP)、および欧州連合(EU)の科学者らは、劣化ウランに被ばくしても健康に影響はないとしている。
引用元 http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-jp0285.html#劣化ウラン


・劣化ウランの被ばくと、がんやその他の重大な健康上あるいは環境上の影響の増大との関連を、信頼できる科学的証拠に基づいて証明するものは存在しない。
・劣化ウラン被ばくに関する最も信頼できる調査は、除去不可能な劣化ウランの破片が体内に残っている湾岸戦争の復員兵に関するものである。これまでのところ、ウランの化学的毒性あるいは放射能毒性による健康異常をきたした復員兵はひとりもいない。
・劣化ウランが健康を害する主要因は化学的毒性ではなく放射能である、という誤解が多く見られる。他の重金属と同様、劣化ウランは、潜在的に有毒である。劣化ウランを飲み込んだり、吸い込んだりした場合、量が多ければ、化学的毒性の故に有害である。高濃度の場合には、腎臓障害を引き起こす可能性がある。
・世界保健機関(WHO)によると、放射能毒性が肺がんを引き起こすのは、極めて多量の劣化ウランの粉じんを吸入した場合である。白血病など、放射線が誘発する他のがんのリスクは、かなり低いと考えられている。

引用元 http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20031006d1.html


[ 2007/08/09 22:59 ] 軍事知識 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。