スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

政策決定過程における数字の罠 

 今回は修士論文を書くために読んだ文献で面白かった文章を紹介したいと思う。政策を決定する上で、数字(費用対効果など)を基にすることは一般的なことだと思うが、以下のように、専門家の挙げる数字はいい加減な場合があるという話。経済政策は経済効果を示す数字が根拠になるはずだけど、もしこの例のようにいい加減だったら恐ろしいな(苦笑)

「専門家の進言に限界があることは、第一世代のアメリカ製ICBM(大陸間弾道弾)の性能目標を設定するに当たって、優れた科学者のグループが用いた根拠を洗い直していると、はっきりする。その目標は『一メガトン弾頭の爆発力、五千五百海里の着弾距離、五マイル以内の精度』とされた。ハーバード・ヨークが報告しているとおり、軍の首脳部をはじめとし関係者はこの目標を額面どおりに受け取り、これによって実際にアメリカのICBM製造計画の形態と規模が決まったほどだった。・・・中略・・・では、なぜ一・〇メガトンなのか?答えは百万がわれわれの文化のなかで、とくに通用性の高い概数だったからであり、それだけが理由だったのだ。金持ちのことをだれもが、“百万長者”といい、決して一千万長者とか十万長者とはいわないのと同じ理由で、私たちはアトラス弾頭の破壊力を一メガトン(百万トン)に決めたのだった。ことはそれほど神秘的であり、私も神秘論者の一人だった。かくて、アトラス弾頭第一号の実際の大きさとそれが殺りくする人間の数は、人間が五本指の手を二本持っていて、十進法でものを数えるという事実によって、決定されたのである。・・・中略・・・あとの二つの数字もほ同程度にいい加減だった。五千五百海里は目標を単に地球表面の四分の一と同じに定めたにすぎなかったし、五マイル以内の精度というのも、もっと精度は高められると意見と五マイルなら上出来だとする意見の間をとった妥協値でしかなかった。」

引用元:モートン・H・ハルペリン、山岡清二訳『アメリカ外交と官僚―政策形成をめぐる抗争―』サイマル出版会、1978年、146-148頁。
スポンサーサイト
[ 2011/01/05 00:01 ] その他 | TB(0) | CM(9)

謹賀新年 

SeaLion.jpg
2011年1月3日、横浜の八景島シーパラダイスで干支の書き初めをするオタリア(写真:Getty Images)

 あけましておめでとうございます。お久しぶりです。これからも更新はかなり稀になるかと思いますが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。ちなみに今年は新年花火特集(2008年2009年2010年)はなしです^^;。万が一要望があればやるかもしれませんが。
[ 2011/01/04 21:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)

サッカーW杯とアジアの連帯感 

 お久しぶりです。また前回の更新から期間がかなり空いてしまいました。

 まずタイトルと関係の無いことですが、当ブログで前回書いたことについて、相互リンクさせて頂いているzyesuta様が遥かに分かりやすく詳しく記事を書いていらっしゃいます。他の記事も軍事初心者にも詳しい方にも読み応えのあるものばかりです。更新も頻繁ですし、おすすめです。正直zyesuta様のブログ(リアリズムと防衛を学ぶ)の存在によって当ブログの存在価値は皆無に等しいです^^;
[ 2010/07/04 21:32 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ソマリアの海賊の正体とは? 



[ 2010/01/31 01:03 ] その他 | TB(0) | CM(0)

新年を祝う世界の花火 in 2010 

どんどん更新頻度とクオリティが落ちていますが、
本年も宜しくお願い致します
[ 2010/01/05 16:52 ] その他 | TB(0) | CM(2)

理論と政策、学者と実務家 

President Obama has appointed some distinguished academic economists and lawyers to his administration, but few high-ranking political scientists have been named.


The fault for this growing gap lies not with the government but with the academics.

Scholars are paying less attention to questions about how their work relates to the policy world, and in many departments a focus on policy can hurt one's career.

引用元:Scholars on the Sidelines(Washington Post 2009/04/13)


 アメリカでは学者が実務に携わることが多いと思っていたけど、それほどでもないのかな?学者と実務の隔たりの原因は、ジョセフ・ナイが言うには、政府よりむしろ学者にあるらしい。本当かな?政策志向の学者はいくらでもいると思うんだけどなぁ。

 ともかく学者も実務(現実)を知るべきだし、実務家も政策の論理的根拠となる理論を知るべきだから、両者は互いの世界を行き来するべきだと思う。そしてそういう制度を確立させないといけないと思う。
[ 2009/04/22 21:35 ] その他 | TB(0) | CM(2)

空母ブーム? 


 どうもご無沙汰しております。1ヶ月以上更新をサボってしまいすみませんでした。
[ 2009/03/16 16:20 ] その他 | TB(0) | CM(6)

新年を祝う世界の花火大会 

あけましておめでとうございます

 最近は更新頻度がかなり少ないですが、今年も当ブログを宜しくお願い致します。今年最初の記事も去年と同様、新年の花火特集です。
[ 2009/01/03 22:06 ] その他 | TB(0) | CM(2)

氷が解ける問題 

北極海航路

 前回ブログに書いたことが早速ニュースになってますね^^;

オバマ氏の宗教にも言及し、「イスラム教徒の父を持ちながらイスラム教の敵に回ることを選び、ユダヤ教の祈りを捧げながら、米国で指導者にのし上がるためにキリスト教徒を名乗っている」と断言。イスラム教の黒人指導者マルコムXを引き合いに出し、「(マルコムXのような)栄誉ある黒人とは正反対」だとあざけった。

引用元:アルカイダのナンバー2がオバマ氏批判と挑発のネット声明(CNN.co.jp 2008/11/20)

[ 2008/11/27 00:47 ] その他 | TB(0) | CM(4)

生存報告 

airpistol.jpg
女子10メートル・エアピストルの表彰式で肩を抱き合う
ロシアのパデリナ(左)とグルジアのサルクワゼ(右)(写真:Reuters Pictures)

 ついに北京オリンピックが始まりましたね。その平和の祭典の影でロシアとグルジアが戦争状態に陥っていることはとても残念なことです。もう1ヶ月以上更新をサボってしまっていましたが、とりあえず僕は生きています。ブログは続けるつもりですが、まだしばらくはなかなか更新できないと思います。
[ 2008/08/11 17:15 ] その他 | TB(0) | CM(2)

秋葉原無差別殺傷事件に対する外国人の意見 


秋葉原無差別殺傷事件の現場近くの献花台に供えられた花束とイラスト(写真:Reuters Pictures)


 この事件に関するタイムズの記事のコメント欄を紹介しようと思っていたのですが、すでに岩谷文太さんが完璧な翻訳で紹介されていましたのでそちらを参照してください。

 気になったのは、まずは銃所持(規制)に絡めての意見、つまり「被害者が銃を持っていたら身を守れた」という意見と、「銃規制がなくて犯人が銃を持っていたら被害は大きくなっていた」という意見が結構あったことです。もちろん自分は後者の意見に同意します。アメリカのように一度銃が普及してしまってからでは規制は難しいかもしれませんが、そうでない国が銃規制を緩和するのは愚の骨頂だと思います。まぁ日本はむしろナイフも規制強化しようかと検討しているみたいですがソース
[ 2008/06/11 16:44 ] その他 | TB(3) | CM(5)

戦争と経済 


ホワイトハウスの閣議室で09年度予算教書の収められたノートパソコンを見せるブッシュ大統領
(写真:Getty Images)


 2009会計年度米予算教書のポイントは次の通り。
 1、財政赤字は08、09年度ともに4000億ドル(約43兆円)を突破し、過去最大に匹敵。
 1、09年度の歳出総額は初めて3兆ドルを突破。
 1、08年度は財政赤字が4年ぶりに拡大。
 1、09年度のイラク戦費要求は700億ドル。
 1、12年度に財政赤字解消の公約維持。

引用元:財政赤字4100億ドルに拡大 米予算教書(産経新聞 2008/02/04)

 09会計年度の国防費は5150億ドルと、国内総生産(GDP)に占める割合は3.4%。第2次世界大戦後では朝鮮戦争(11.7%)、ベトナム戦争(8.9%)、湾岸戦争(4.4%)に次いで4番目に高い水準となった。

(中略)

 他の予算項目を抑制する一方、安全保障関連予算の突出ぶりが際だっている。

引用元:米国防費、戦後4番目の高水準・09会計年度(日経新聞 2008/02/05)
[ 2008/02/08 14:09 ] その他 | TB(0) | CM(9)

HAPPY NEW YEAR! 


日の出をバックにする米原子力空母セオドア・ルーズベルト上のF/A-18ホーネット
(写真:米海軍/Photographer’s Mate 2nd Class Jeremy Hall)


あけましておめでとうございます
本年も当ブログをよろしくお願いします


 一発目の画像がアメリカのものっていうのもどうかと思ったのですが、画的にいいなと思ったので。保守や右よりの人ごめんなさい、日本の写真は次回貼ります。明治神宮の初詣の写真は見つけましたが、新年一般参賀の写真が使いたかったのでw 今回のギャラリーは新年の花火特集です。元日は世界中で花火が打ち上げられ、どれもとても綺麗です。

 最近は余裕がなくて、あまりニュースを深く取り上げられないので、内容の薄さを画像でカバー・・・できていませんよねorz ぶっちゃけ自己満足です。自分では画像選びのセンスがいいと自画自賛しています( ´∀`)
[ 2008/01/01 14:48 ] その他 | TB(1) | CM(12)

抑止力としての徴兵制? 


射撃訓練をするイスラエル(女性を含む国民皆兵)の女性兵士達(写真:Getty Images)


 今日は週刊オブイェクトさんのところの記事をネタに使おうと思う。徴兵制についてなかなか面白いことが書いてあったので。
[ 2007/12/10 00:17 ] その他 | TB(0) | CM(29)

軍服を脱いだムシャラフ/敬礼について 


首都イスラマバードの大統領府で2期目の就任の宣誓をするムシャラフ大統領(写真:AP Photo by B.K.Bangash)と、宣誓式終了後に来賓に向かって敬礼するムシャラフ大統領(写真:Getty Images)
 
 またブログのタイトル画像を変更。どんどん派手になっていくような・・・^^;このブログを読むような層には何の写真かは分かると思うw

 僕が中東和平会議の方を取り上げることに一生懸命になっている間に、ムシャラフ大統領がついに軍服を脱いだな~。詳しくニュースをチェックしていない上での感想だけど、いい傾向なのではと思う。

 さて、いつも堅苦しいことばかり書く(できるだけそうならないようにはしているけど)のもあれなんで、今日は趣向を変えようと思う。政治的なことついてではなく、ムシャラフ大統領の写真を見ててちょっと思ったことを書く。
[ 2007/12/04 03:57 ] その他 | TB(0) | CM(4)

欧米人は武力行使に寛大? 

 最近やることもやらず(それは今までずっとだけど)ブログのネタ探しばっかりしている。完全にブログ中心の生活です、はい。マジで駄目人間すぐるorz 今日も大学では講義をろくに聞かず、行く前に印刷しておいたネット記事(パキスタンの核セキュリティについてのワシントンポストの記事)を読んでいたし。

 まぁそれはたぶん次回に書くとして、今回はイランに対する武力行使について、欧米数ヶ国の国民を対象とした意識調査に関するヘラトリの記事を取り上げようと思う。 

 そういえば、今日の国際政治の講義は核戦略についてだったけど、教授安全保障の専門じゃないのに、原爆がどうとか水爆がどうとかやたら兵器に関する説明が多かったなぁ。それにアメリカが小型核の開発を進めているっていう話をするのはいいけど、バンカーバスターなんて出してもパンピーは分からんだろww
米空母キティホーク上で蒸気カタパルトに誘導
される発艦前のF/A-18Fスーパーホーネット
(写真:The US Navy/Airman Bo J. Flannigan)
[ 2007/11/12 21:17 ] その他 | TB(0) | CM(8)

かぐやVS嫦娥、月女の対決 

©NHK

 
 小沢がいきなり辞意表明した時は、陰謀論者じゃないけれど、給油活動終了でアメリカを怒らせて、第二のロッキード事件をやられたんじゃないのかと勘ぐりたくなりましたが、結局撤回ですか( ´ー`)フーン 結構どうでもいいので今回は全然違う話。
[ 2007/11/06 21:24 ] その他 | TB(0) | CM(7)

意思決定論と陰謀説 

 カウンターを見てもらえれば分かると思うけど、前回の記事を書いた日の訪問者数が通常の約10倍もあるぜΣ( ̄□ ̄lll)!!ガンダム効果?!でも一応政治ブログなのでそういう話題の時だけアクセスが激増するっていうのも複雑な心境^^;


 ところで僕は今、在籍している学部の講義があんまり面白くないのばっかりで、だいぶ前から入る学部ミスったなぁ、法学部政治学科か国際関係学部に入ればよかったかなぁとちょっと後悔している。でも、たまには関心のある話題もあり、今回は今週の「政策過程論」の講義で教授が言っていた話を書こうと思う。意思決定についてだったんだけど、かなり興味持っているテーマなので、その日の講義は真面目に聞いていた。意思決定の過程から陰謀説を否定していて、なるほどなぁと思ったので、紹介しようと思う。特定の陰謀説を詳しく検証するわけではないので、その点はあしからず。
[ 2007/11/01 23:38 ] その他 | TB(0) | CM(2)

フランシス・フクヤマの講演会 

 一昨日フランシス・フクヤマの講演会があったので、3限の講義をサボって聴きに行って来た。まぁ面白い話ではあったけど、特に凄い内容や目新しい話題ではなかった。通訳付きだから問題なかったけど、英語は3割くらい単語が拾えるくらいだったorzうる覚えなので間違っているかもしれないけど、だいたい次のようなことを言っていたと思う。

[ 2007/10/24 02:32 ] その他 | TB(1) | CM(6)

正しい歴史教育を 

昨日はゼミ長に誘われて「第1回大阪護国神社英霊慰霊顕彰勉強会」っていうのに参加してきた

参加してた人は皆右・保守の人ばかりw
壇上の後ろには国旗が掲げられ、開会時には国歌斉唱(しかも2回繰り返し)w

テーマは『昭和の戦争を総括する ~盧溝橋事件から70年~』

講師は、新田均(皇學館大學教授)、惠隆之介(ジャーナリスト)、中西輝政(京都大学大学院教授)
戦前日本の悪いイメージの払拭、日本軍の美談、コミンテルンの謀略についてお話をしてもらった。

[ 2007/09/10 05:46 ] その他 | TB(0) | CM(4)

イギリスもゆとり教育? 

 英国でも国旗、歴史教育、憲法は論争を巻き起こす。今回は歴史教育のお話…。
 7月、英政府は中等学校の新指導カリキュラムを発表した。第二次世界大戦で連合国軍を勝利に導いた英国の指導者、チャーチル元首相が歴史の授業で必ず教えなければならない人物から外されたため、保守層から「チャーチルは歴代英首相の中でも一番の人気。必須から外すのは大きな過ちだ」と強い反発が起きた。
 生徒たちの自由な発想と創造性を育てようと従来の授業内容を4分の1も削減したあおりで、歴史教育ではヒトラーやスターリン、「インド独立の父」ガンジーらの名前も必須から外された。

引用元 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/73147/

 チャーチルってイギリスでは英雄扱いなんだと思ってたんだけどそうでもないんだねぇ。まぁそれは別にいいんだけど、どう考えても歴史の授業では欠かせないだろ。ヒトラーやスターリンやガンジーを教えずにどうやって近現代史を教えるんだ?「誰がやったか」よりも「何があったか」の方が大事だっていう考え方は理解はできるけど、出来事だけ教えて人物は教えないっていうのも極端だろ。重要人物の名前くらい普通に出せばいいじゃん。イギリスは何でこんなことで神経使ってるの?しかも授業内容大幅に削減しちゃってるけど、イギリスは日本のゆとり教育の大失敗を知らないの?

[ 2007/08/05 17:38 ] その他 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。